アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オープニングアニメーションは作品の雰囲気が出ている。
しかし教会で辻堂が茉莉を襲うアクションシーンは、脚本と演出が少々やっつけ気味に感じる。

その辻堂と行動している、翠星石風のゴスロリ少女の繭子。最初は金田朋子とは気付かなかった。
昼は路地裏のダンボールの中、夜にしか行動しないところを見ると、茉莉とは同種。
見かけと違い、辻堂は繭子に使われている立場、良くてパートナーなのだろう。
吸血鬼は血を吸い、その人を操る謂われが設定のヒントになっているとしたら、茉莉と依人も主従もしくはパートナーになる展開か?

辻堂が依人に「あれは人間ではない、夜の禍だ」と茉莉の正体をほのめかすが、傷ついた茉莉を依人は家に匿う。
茉莉から依人へのお礼は、シチュエーション的にはつま先立ちでキス!ってところだが、頭撫でていい子いい子。しかも「エッチ!」って何?この肩透かしダブルパンチは!
何百歳の設定でも、黒ニーソで可愛いからいいか(甘いなあ・・・)
自己紹介と言いつつ茉莉は「人間じゃないの、私」とカーテンから差し込む日光に指先をかざし、昇華して行くさまを依人に明かす。

もうひとつシナリオが動いていて、茉莉にかまって病院に来ない依人に何かしら感じている姉の蒼乃。口数少なく、薬飲まず食事せずの様子。
病院の真名とこよりからの電話で駆けつけた依人を見て一段落。
看護婦を適当に追い払ってくれたこよりに「お礼」と蒼乃が折鶴をくれるが、茉莉から依人へのお礼と対比して何かの伏線なんだろうか。

ブラコンというのではなく、蒼乃と依人も何らかの隠された設定があるのではないかと思う。
両親は出てこないが、この姉弟、実は血縁関係は無いのではないか?
蒼乃も茉莉と同属で、依人はそれを知らないとか。
辻堂が「知らなければ関わるな!」と言っていたが、「依人」=神主や巫女のような神が依りつく人の意味から想像して、本人も知らないうちに巻き込まれているのかもしれない。
そうすると依人を巡って蒼乃と茉莉の確執が起こるか?
しかし久弥直樹は「確執」や「憎悪」は書かないと思うので、誤解から和解、協調へ進むと予想しておく。

依人のクラスメイトの真名とこよりの姉妹。
単なるサブキャラで終わるか、主人公の運命に大きな影響を隠し持つのか、今のところは判然としない。1クールだと、設定多すぎても描き切れないのが悩ましいところ。

依人が病院から帰った自宅、空の写真に「バイバイ」
消えた茉莉を探して依人の旅が始まる第3話に続くと思ったが、依人のベッドで天井一面の空の写真を見上げる茉莉。
決して本物を見る事の出来ない茉莉の、空に心縛られたかのような「ずるいよ、これは」のつぶやき。
いや、こちらこそ「ずるいよ、このエンディングは」
どうやら気を持たせておいて肩透かし、振り向きざまにパンチ入れるのが、このシリーズでの花田十輝のシナリオスタイル。今までのところ、良いのではないでしょうか。

何百年を生きる異人種、空の記憶と来ると、やっぱり AIR を思わせる。
本物の空に憧れた茉莉が、依人に抱きしめられたまま太陽光の下で昇華して行くエンドだとちょっと嫌だな。
好き勝手言いながら、シナリオを妄想できる作品が今期も見られる事に感謝する。

sola color.I (初回限定版)DVD sola color.I (初回限定版) 6/22発売予定(Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。