アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サブタイからは原田知世の歌が流れるニューカレドニアでも想像するが、主人公永澄が本当に「天国」に行きそびれる瀬戸内の無人島での出来事。
豪三郎からの無人島旅行のプレゼントの正体は、永澄抹殺計画。
刺客の巻貝の巻登場。

急な予定の繰り上げで、永澄一家が埼玉に帰る前日のお話し。
永澄の葛藤と周囲の反応を楽しむお話かと思ったが、そんな生温い別離のお話に振らずに、ひたすら巻フィーチャー回。
ありがちな水着サービス回と言うわけでもなく、登場キャラが少ない分を質で補っている(詳しくは後述)

2話までは政さんが引っ張り、今回は巻役の桑谷夏子の好演で、これだけサブキャラを動かせる構成には感心させられる。
フォワードだけじゃ点取れないしね。
今回の脚本・絵コンテ・演出は誰だったか?スタッフロールを見落としてしまった(これも理由は後述)

アバンでのハイジのパロ(草原でブランコ)は、前話の天国シーンでお爺さんが出てきたところから微妙に繋がっていると思われる。パロディの伏線をずっと張っているのだろうか?
「燦が立った!」とか、この先どこかでやりそうだが。他にもパトラッシュとかありかも。

巻を演じる桑谷夏子を聞いていると、どうしても翠星石が思い出されるが、可愛らしさと腹黒さのバランスはこっちの方が良いか?
腹黒さと言うよりも仁侠を貫き、永澄をフナムシ呼ばわりする凄みは大したもの。
マジカノの魔宮みちる役よりは、こっちの系統のほうがしっくり来る。
アフレコは別録りじゃないと思うので、スイッチのオンオフに苦労しそうだ。
燦のライバル留奈の登場は第7話を待たなくてはならないようだが、岸・飯田の監督コンビが桃井・野川・桑谷から演技を搾り出した様子が想像され、期待が高まる。
キャストは桃井・野川・桑谷・村瀬・並木・力丸がマジカノと被る。
(そういえば、マジカノ第二期決定ってマジですか?)

水着回と言えるのは燦のビキニとサンオイルのシーンくらいだが、トップ外した胸のふくらみの描写は斜め横からでもNGなんでしょうか、テレ東?
乳首まで見せるわけでもないのだが、ハレーションでマスクしていた。
見せない分は演出と音響で頑張っている。
サンオイルまみれのちっちゃな巻ちゃんが、燦のあんな所やこんな所を刺激する演出。
「そこは、らめぇぇえぇ!」
桃井はるこに「みさくら語」を喋らせたのは、音響監督の飯田さんの仕業と睨んでいるが?
中坊永澄じゃなくても、楽しませていただきました。

キャストの演技のほかに、今回の見どころはエンディングアニメ。
前話の感想で「時間なかったのでしょうか?それとも演出か」と書いたのだが、やっぱり岸監督は狙って演出していた。
一枚絵のパンだけれど、テーブルの料理にサラダのようなものが今回から追加された。
その器の中には、ちっちゃな巻ちゃん。
適当に空席があるから、今後追加キャストが登場するたびに埋まって行くと思われる。
絵に注目していたら、スタッフロール見ていられませんでした。

永澄と燦との別れにはならず、埼玉に帰る永澄一家に当然のようについて行く花嫁の燦。
豪三郎と巻もついてゆく事になりそうだが、蓮と政もこのまま終わるとも思えない(原作コミックは知らないので)
瀬戸組から逃れられない永澄に、心安らぐ日は来るのか。

2クールあるからスロースタートのような感じがしたが、プロローグ的な瀬戸編も終わりに当たって、いよいよネジ巻いてきた感じ。
今期新番が出揃ったが、今までの出来具合では本作が私的番付の筆頭格。西の横綱。

TVアニメーション 瀬戸の花嫁 ドラマCD 瀬戸内番外地 恋の夕凪篇
TVアニメーション 瀬戸の花嫁 ドラマCD 瀬戸内番外地 恋の夕凪篇 4/25発売(Amazon)
他にもいろいろ出ます。いずれも6/27発売(Amazon)
瀬戸の花嫁 キャラクターソング1 瀬戸燦
瀬戸の花嫁 キャラクターソング2 江戸前留奈
瀬戸の花嫁 キャラクターソング3 銭形巡
あれ、政さんのキャラソンは?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。