アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヨーコの描写を見ていると、ヨーコにとってシモンは眼中に無いか良くて弟格。
「狩りに行くから乗せてって!」とカミナに頼むも、カミナがシモンも一緒に誘う様をヨーコが不服そうなのは、この時点でヨーコが「ちょっといいな」と思っているのはカミナの方なんだろう。

その狩場では、鉢合わせた人間掃討軍兵士ヴィラルとカミナの死闘。
その兵士が操るガンメン「エンキ」により、シモンたちは敗退。
明日の再戦に向け、あくまで強気のカミナだが、その対比でシモンの気弱さを描き出している。
ここでのヨーコの振る舞いも重要で、「シモンには無理!」「ラガンに乗せて」とカミナに頼むシーンがあるが、シモンへの信頼に割り込む隙が無い気持ちをカミナから引き出している。

動かないラガンを前に尻ごむシモンに、叱責の言葉を浴びせるヨーコ。
今回はヨーコは脇役に徹して、シモンとカミナの結束を固める側に回る。
その結束の結果が、グレンとラガンの合体!
今回のヨーコの見せ場は「合体!?ポッ!」のリアクションと、エンドの「鉛玉、ケツからいれて・・・」に断定。

今回の作監はXEBECの2名、近岡直と石原満。XEBECのグロス制作回。
戦闘シーンも頑張っていたと思う。

最近の少年誌から失われた「友情・努力・勝利」
今となっては少し気恥ずかしいキーワードを、このアニメ作品に見ることになるとは、放送開始前は予想していなかった。
ガイナックスにとっては、たぶん「ふしぎの海のナディア」以来の少年向け。
製作のコナミの意向もあるのだろうが、このジャンルに戻って来たことを歓迎したい。
しかしタイトル通りの王道路線で終わるか?最終回を見てからでないと真の評価が出来ないであろう事は、多くのガイナックスファンに同意いただけると思う。

*第12話の作監が高村氏のようで、「高村さんの作監修正がエロいんですよ」に期待。
http://gainax.weblogs.jp/gurrenlagann/2007/04/post_48d3.html
フィギュア 4/26発売 (Konamistyle)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。