アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
監督:迫井政行、構成・脚本:ふでやすかずゆき、制作:マッドハウス、制作協力:IMAGIN、音楽制作:ランティスなど、Strawberry Panic(ストロベリー・パニック)と被る制作体制。

キャラデ・総作画監督は黒田和也だが、こんな感じだったっけ?
原作画に忠実といえば忠実だろう。
ストパニは止め絵のパンでも問題ない少女漫画風の作風だから気にならないが、今回は戦闘シーンでもあまり原画枚数なしで凌いでいるが、ちょっと厳しい。

住み込みメイドの仕事を探していた紗和々(ヒロの姉)は皆口裕子。
最近は母親役が多いけれど、巨乳天然ちゃんのキャスティングは新鮮。
姫役の川澄綾子の戦闘演技は、ちょっぴりセイバーを思い出させる。
姫の傲岸不遜に睥睨するさまは、今後も期待させてくれる。

元々は姫に仕えていた事を窺わせるワイルドマンが襲ってくるなど、伏線を張りつつ謎解きの開始といった趣の第1話。
姫を庇おうとして1話で2度も死んだヒロが、彼女たちの争いに巻き込まれてゆくドラマかな?
吸血鬼や狼男、人造人間など、古典的なキャラクター設定。
設定もタイトルも藤子不二雄の「怪物くん」のオマージュだろうか。

音楽は、いつものランティスっぽさで悪くない。
オープニング「BLOOD QUEEN」は美郷あき、エンディングはアリプロ(ALI PROJECT)だが、そのタイトルが「跪いて足をお嘗め」ってのはツボかも。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。