アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
原作は富士見書房のライトノベル。
元は「アニメ魂」としての放送枠だったが、イマジカが撤退したからか「アニメスピリッツ」と名称を変えて角川書店の提供で放送される。
リニューアルの影響か放送局の増減もあり、埼玉・千葉・北海道・九州が追加、AT-Xが撤退。
アニメーション制作はGONZO。
キャラデは、Canvas2 や護くんの新田靖成だが、エンドロールで協力ZEXCSと出るのは、彼が籍を置いているからだろう。

原作を読んでいないので詳細はわからないものの、第1話で物語の背景はおおよそ察せられる。
炎術使いの神凪家から出奔した主人公の和麻が、風術使いとして日本に戻る。
その神凪家の次期当主と目されるヒロイン綾乃。
正体不明の風術師の仕業で、神凪家に恨みがある和麻が誤解を受け綾乃と敵対する。
第1話はここまで。
この先では事件を織り交ぜながら「正体不明の敵は両者共通の敵」と言う事で、主人公とヒロインの結びつきが強まるのだろう。

風術や妖魔など背景や設定にこだわりは見られるが、オーソドックスなシナリオだろうから構えてみなくても済みそう。
クラスメイトと3人、風に煽られてパンツ見せるシーンは無理に入れなくてもと思うのだが。
「灼眼のシャナ」をパンツアニメに改変したような作品にはならないとは思うが、サービスカットは空気読んだ上で使って欲しい。
今回は炎術使いの綾乃が風嫌いの伏線だと、好意的に解釈しておく。

キャストの演技についてはこれからだが、綾乃を演じる藤村歩は、想像より良かった。
ヒロインは「あさっての方向。」以来だろうか、1年程でかなりキャラとの一体感ある演技が出来るようになってきた。今期は「桃華月憚」の寧々もやっているが、タイプの違う演技も良くこなしている。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。