アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
噴水の水の質感やスポットライトに浮かぶ塵など、絵は良い感じの仕上げが続いている。
淡いフィルターをかけたような質感も作品に合っている。
制作の着手は早かったような感じで、スケジュールに無理がないのか崩壊の兆しなし。
1クールで10月の学園祭まで描くようだから巻いている感じで、満足な練習シーンもないままに5月の定期公演へ。

公演当日に弱気の虫がまたまた顔を出し、麦はトイレに閉じこもり状態。
作り話だろうが、トイレの怪談で麦を怖がらせて引きずり出す野乃先輩の芸風が良い。
その野乃の秘密(声帯マヒ)も明かされて、ライバルである演劇部長の美麗との過去話もそのうちに語られるのだろう。
新人の麦の成長物語と野乃の演劇に絡む話、そして学園の演劇関係の仲間たちの青春群像と、バランス良い素材だと思う。

麦の初舞台は、多少のドラマティックな演出も取り入れ、大過なく終了。
大半を占めるオドオドした麦の日常と、才能の片鱗を感じさせる一瞬の演技の比率も、麦の成長とともに徐々に変化してゆくことだろうが、元気で明るいパートはオリナル(ちとせ)に任せておいて、腰抜かしたり泣き顔の麦の可愛らしさは保ってもらいたいところ。

演劇研究会と演劇部を中心にした構成だから、キャストは少なめ。
その分、役者の個性を感じられて楽しい。
桂木たかし役の成田剣、こんな面倒見の良い爽やかな上級生の役には違和感が有ったけれど、結構楽しんで演じているのではないだろうか。
神奈ちとせ役のやぶさきえみ、経験が少ないようだがこの作品が彼女にとっての成長物語である事を願おう。視聴者には金髪ツインテール元気娘キャラに固定観念があるから、そのギャップを如何に埋める演技をするか注目したい。

夢、ひとひら夢、ひとひら
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。