アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オープニング曲「ゆめおぼろ」を唄っているのはキャストの三人、犬養真琴(喜多村英梨)with.守東桃香(伊瀬茉莉也)&川壁桃花(早見沙織)で、喜多村英梨がメイン。
アニメーションの世界観にマッチして、良い出来。

第1話では場面設定や背景が頭に入らなかったが、この第2話を見る事でようやく補完できた。
公式サイトでもあらすじは用意していないし、サブタイも抽象的で秘密主義なのは、どうやら時系列を逆にしているかららしい。
シリーズ全話が完全に逆順か不明だが、いずれにせよ素直な構成でない。
エピソードを前後・表裏に補完しながら、螺旋状に進む物語だろうか。
その螺旋の軌跡が描くのは、メビウスの帯かクラインの壺か?
原作ともいえるゲームはこれから発売(4/27)、メディアミックスとして同時進行なのでネタバレを避けているのかもしれない。

第1話のエンディングは時代がどれくらい下ったのか、海沿いの駅のホームで桃香と桃花が再会したのは、二人の願いが成就した本当の最終回だったのだろう。
魔界に沈みゆく上津未原(カミツミハラ)、今回は時代は少し遡るようだ。

「桃歌台学園」での歌会の儀式。真の儀式はその裏で行われる、イサミヒコ=桃香による消滅の儀式だろうか?
この儀式の目的のひとつは上津未原の救済にあることは、第1話の冒頭の桃香の独白と風景描写から察せられるが、何らかの理由により桃香自身の救済をも意図している、しかしそれを桃香は消極的に受け入れたフシが窺える。
消えゆく運命を理解していた桃花の消滅が、桃香の望むものではなかったからだろう。

桃香の従兄である春彦の許婚であった桃花。
桃香と桃花の関係が深まる様子を描きつつ、愛憎と陰謀が渦巻く過去へと話が遡るのだろう。
登場人物の相関は明らかでないところもあるのだが、メイドの寧々や生徒会長の鬼梗など一癖ありげなサブキャラ揃いで、ドラマに深みを与えてくれそうだ。
真琴は萌え担当でOK。

もしこのアニメ作品が、ゲームシナリオを最終のトゥルーエンド(桃香x桃花)から遡り、分岐点を暗示しつつイベントをこなしてスタートに戻るのであれば、かなり斬新で意欲的な試みだと思う。
確かに難解な構成ではあるのだが、CARNELIAN原画目当ての耽美的・微エロアニメだと思った認識は改めなくてはいけない。
今期のダークホース的な作品。録画はしばらく残しておく事をお奨めしておく。

ゲーム発売日を延期したのは、まさかアニメとの連動を計算したのだろうか?
ORBITのゲームはCARNELIAN原画から、女性にもおすすめ出来る(子供はダメです!)

桃華月憚【豪華版】の予約はこちら(リンク先に年齢制限あり)
桃華月憚【豪華版】・Amazon の桃華月憚【豪華版】はこちら(Shop特典はありません)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。