アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
原作キネティック版・ノベル版クリムゾンシリーズに準拠したオープニング。
「フォ~ロ~ン」は良かったが、ベッドのフォロンに跨る無邪気なコーティの尺が少ない。
物質化を解いたコーティの全裸風サービスカットはいらないから、尺調整のつもりならばタマゴサンドを食べるところが欲しかった。

シリーズ構成的には、今話が第1話に相応しくなかっただろうか?
「善き隣人」と言われる精霊と人間との関係、精霊の起こす犯罪(今回は軽微だが)、ツゲ事務所が受ける細々とした依頼、レンバルトの神曲楽士としての特徴など、つかみがわかりやすいと思う。
前話は解体現場の救出のため、大仰にもフォロンの単身楽団展開で、原作読者にもいきなり超展開的ではあった。
救出したお嬢様と城の主が今後絡むかもしれないが、2話以降への伏線がほとんど無かった。

今回の脚本も榊一郎だが、アニメ的に絵と音で語らせようとせずに、案外と説明的に書いている気がする。そういえば、今回は神曲演奏が無いぞ!
話の構成自体は悪くない。
しかし、これを生かすには絵コンテと演出・音響は苦労させられる事になると思うが、案の定ついて行けずに、そこそこのレベルで収まっている。
精霊に部屋を覗かれていると訴える女性依頼者、マウラ役は渡辺明乃。
やたらと部屋の椅子や家具のカットが多いので、何か意味を持っているらしい事は伝わる。

アニメ版は基本的には1話完結形式で、脚本はアニメオリジナル。
いささか乱暴にビル解体工事をするコーティカルテとか、エピソードは少しづつ原作から拾ってきている。
年老いて亡くなった契約楽士の部屋に、猛獣型の精霊が名残を探して訪れるエピソードは「トライアングル・ブラック」に登場する精霊レオンがイメージされる。
この猛獣型精霊の念が、部屋の新しい主に覗きと勘違いさせられた原因。
しかし、屋根裏には真の覗き魔(これも精霊)が隠れていた二段オチ。
真犯人に気付いたのは双子ちゃんの妹の紫銀髪のプリネシカだが、彼女が気配を察した理由はネタバレっぽいので控える。

でもヘンタイっぽい覗き精霊の話は、入れないほうが良かったんじゃないかなあ。
亡き契約楽士への忠義を見せる精霊と、二柱の精霊を対比する意図はわかるけれど、覗き魔をキザ男に仕立てるのは中途半端。
ヘンタイ的に徹底的にギャグ入れて、ドタバタで締めないと後味すっきりしない。

双子ちゃんとユフィンリー所長の活躍は控えめ。
ペルセルテとコーティカルテの舌戦は見ものだと思うが、待ち遠しい。
フォロン:神谷浩史、レンバルト:小西克幸、出番があるかわからないが学院長レイトス:石田彰(PS2版キャスト)、ユフィンリーの契約精霊ヤーディオ:(私の脳内キャスティングでは)谷山紀章が揃うと別方面にスピンアウトできそうな気がする。パープル・シリーズとか。

堀内博之の描くアイキャッチ2枚は、雰囲気が出ていて悪くなかった。
作画が心配されたが、早々にstudio T&B にグロス出ししていた。第1話より良いんじゃないか?
口パクと声が合わない箇所があるから、制作は遅れているのは間違いないだろう。良くて線画で収録。
TAFイベントで感じたキャストの微妙な表情には、そんな理由があるんだろう。
銀画屋も制作をきちんと仕切れれば、無理して自社制作でやらなくて良いだろう。
でも銀画屋って旧イージーフィルムの近所(三鷹駅北口)なので、方位除けが必要?

次回「ポルカ 海の底の忘れ物」
青ポリ、ぶるう・シリーズのルーファが登場するのか不明(オープニングアニメにはいたが)
脚本:築地俊彦、お約束の水着回と来れば不安増大。
南の島でヤシガニなど出現しない事を祈る。

神曲奏界ポリフォニカ フルサウンドトラック
神曲奏界ポリフォニカ フルサウンドトラック 5/25発売(Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。