アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サブタイトルは、既存映画のタイトルを借用する方針と思われる。

人魚姿の燦を見てしまった事から命と結婚を天秤にかけた結果、燦との結婚を選択した永澄だったが、娘離れできない燦の父親豪三郎と配下の瀬戸組構成員から付け狙われる不条理。
ハプニングでつい胸を触ってしまい、燦の特殊音響でダメージを受ける永澄。
政に初キスを奪われ、手取り足取りで踊りを教えられてフニャフニャになる永澄。
永澄が燦に贈った、夜店のガラスの指輪。それを落として必死の燦と軽く考えている永澄のコントラスト。
主人公の成長物語であれば最初はこのくらい頼りない、主体性が見えないキャラ立てで間違いないだろう。

主人公が自発的に全て解決し成長するのではドラマにならないから、サブキャラの活躍が大事。
結構濃いキャラ揃いなので、永澄をいじり倒して嫌でも成長する事になる(はず)
そのサブキャラのドタバタ系代表は瀬戸組 with 豪三郎だが、個性派揃い。
シャーク藤代に子安武人ってのは合っているが、勿体無いといえば勿体無い。「贅沢」と言い換えておこう。
硬軟取り混ぜた技巧派の代表は政。村瀬克輝の「いい声」は改めて語るまでもないが「マジカノ」の頃と比べても演技の厚みが増して、演出の効果もあるのだろうがメインを食いそうな勢いを感じる。
アフレコで政さん風で決めてるのが渋い!(桃井はるこのブログに写真あり「桃井はるこのDisk Daisuk-略してDD 」http://blog.tsutaya.co.jp/momo-i/3562
コスプレと言うより、役作りに真面目な人柄が感じられる。

頼りなさを感じさせる主人公を見守る立場のサブキャラでは、燦の母親の蓮が良い味を出している。永澄たちをからかいつつも娘を思いやる、極道の妻が描かれている。
蓮役は鍋井まき子、新人らしいが落ち着いて演じていると思う。
原作は知らないのだが、蓮がハチャメチャになる話数があるのならば、そんな演技も見て(聞いて)みたいと思う。

どうしようもないキャラ立ては豪三郎と永澄父の父親二人。
いざ家庭の現実問題となると、いかにも役に立たない感じは良く出ている。
永澄母は「萌え担当」でお願いします。

今が瀬戸内編とでも言うのだろうか。出会いの物語が進むと舞台が埼玉に移るようだが、そこからライバルキャラの登場とバトルと友情の学園編だろう。

岸監督の持ち味って、脚本や画や音を単体で突出させるのではなく、それらはある水準で均衡させる。
例えば岸監督の「作画アニメ」(作画だけは良いアニメ)ってのは想像しにくいし、そんなバランスの悪い作品は、きっと面白くないだろう。
そのバランスの上で、キャストの演技は引き出しの奥まで開けるし(これは音響監督とのコンビが大事)、ギャグ部分は脚本に輪をかけて捩じ上げるように演出してくる。
前作では、その真価を発揮できなかったきらいがあるが、このシリーズでは「マジカノ」を超える快作?怪作?になることを期待したい。
序盤の展開がユルイ気がするが、キャラ・キャストも出揃っていないから本領発揮はこれから。

今回の絵コンテ・演出は柳瀬雄之。る~んでも何話か書いてました。
エンディングは1枚絵をパンしているだけに見えるが、時間なかったのでしょうか?それとも演出か。雰囲気出ていて悪くないけど、オープニングとの落差が大きい。

今回のお話について、どんな感想だったのか?
燦の浴衣、可愛い。
キャラの崩し絵のスイッチも適当な頻度で良いけれど、やりすぎにご注意を!
そんなところ。

「瀬戸の花嫁」SUNライブソングシングル
「瀬戸の花嫁」LUNARライブソングシングル
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。