アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カミナが相変わらず突っ走ってますね。
「熱いハートとクールな頭脳」で喧嘩に勝つって言うけれど、どちらも熱すぎます、カミナ。
畳み込むような進行で、視聴時間が短く感じて仕方ない。

そんなカミナの過去のエピソードも挿入、幼い頃に父は地上に旅に出た模様。
そして今話の戦闘後のエピローグ、カミナに何らかの力を与えたような朽ちた髑髏。
遺骸のブレスレットで、カミナの父の変わり果てた姿であったことを明かし、カミナ慟哭の引き。
熱血一直線ではなく、脚本の緩急つけたキャラ表現と佐伯昭志の絵コンテ・演出が上手く回っている。
第5,10,11話では佐伯が脚本を書いているので、楽しみにしている。
特に第5話は高村和宏も原画で参加しているので、なおさら楽しみ。

ヨーコの戦闘シーンのレイアウトとコンテは徹底的に統一されている、微エロに。
そんなGAINAXが好き。これからもよろしくお願いします!
オカマちゃんキャラのリーロンも登場。
煮え切らない男女の機微を代弁し後押しするのに、オカマちゃんのポジションは欠かせないので、ヨーコがらみで活躍しそう。

ラガンもシモンの感情の昂ぶりに反応するようだ。
戦いの末に乗っ取ったカミナのグレンも同じで、一体感が無いと動かないのだろうか。
カミナの言う「男は気合だ!」「突っ込め!」「捻じ込め!」だけでは活路は開かない。
ウブなヨーコでは無理だから、リーロンが教えてあげると良いと思うよ。シモンに。

ガイナックス公式サイト
佐伯昭志個人サイト「佐伯商事」
高村和宏個人サイト「vanishingpoint」
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。