アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラブコメでもなくドタバタギャグや生徒会モノでもない、学園生活を題材にした作品ってのは案外難しいのではないかと思う。
しかしこの作品は、演劇を通じてヒロインの成長を描く方向性が感じられ、芯が通っている印象を与える。

アバンの美術倉庫に窓から差し込む光と影のコントラストを、柔らかく表現している。
その他のシーンでも、過剰にならない程度のシャドウを欠かさない。
コミック的な省略表現で、麦の表情に緩急をつけているが、こちらも適度な演出。

その場逃れで演劇研究会に入る事を決めたヒロイン麦と、研究会のメンバーとの顔合わせから話が動き始める。
麦が雨の登校中に制服を濡らし、出会った金髪ツインテールの1年生ちとせのジャージを借りたところから事件の始まり。彼女は演劇部員。
別に正規の「演劇部」があり研究会はサークル活動である事と、両者(特に野乃と美麗)の確執がうかがえる。
両者は10月の文化祭の演劇で競い、負けた方が廃部。

研究会の裏方なら我慢できると思っていた麦だが、5人しか居ないメンバーでは出演は当然の周囲の雰囲気。
台本読み合わせで小さな声しか出ない麦だが、なぜか付きまとっているちとせのリラックス法(くすぐり攻撃)で思わず大きな通る声を出す。
研究会代表の野乃が見込んでいる野乃の素質は、これからも各シーンで徐々にその片鱗を見せて行く事になるのだろう。
ゴールは10月の文化祭か?
その前の5月公演では、やけに張り切っている演劇部のちとせとの対決があるのだろう。

キャストでは氷上恭子、勝ち気な先輩理咲のキャラの演技はしっくり来る。
麦の同級生、カメラッ子佳代ちゃん役の宮川美保の演技が意外に良い。

自信なさそうに演じる麦の次回予告が、いちばんの見どころ。

夢、ひとひらオープニング曲 「夢、ひとひら」 2007/4/25発売(Amazon)
TVアニメ「ひとひら」サウンドトラックパート1+オリジナルドラマ(麦編)CD 20007/5/2発売(Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。