アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミック原作のようだが、読者層は中学生くらいなのだろうか。
2クール放送らしい。
ひとまずは、女だらけの孤島に漂着した少年を巡ってのラブコメかハーレムものと理解しておけば良いのだろうか。
元々は居たらしい男が居なくなったのは、そのうちに明かされるのだろう。
島外との交流が途絶している理由が渦潮のためってのは、舞台設定の問題だからどうでも良いかもしれない。

企画 GANSIS、スターチャイルド製作 、監督の岡本英樹とかシリーズ構成の池田眞美子、制作の feel. とか揃うと、D.C.S.S.のようなCanvas2のような方向性なのだろうか。
第1話は顔見せと舞台紹介だが、同じシリーズ構成・脚本 池田眞美子の「ひまわりっ!」臭さも感じられる。

女たちに迫られる行人のリアクションは、尺稼ぎとまでは言わないが余裕がある。
反面、ギャグとのバランスを見るとテンポが悪い。
ギャグには期待しない方が良いだろう。岡田監督のギャグってのはピンと来ない。
絵は良いから萌えアニメに徹するのが成功への道か。

主人公は絶倫成人ではないから、少年が感じる「ハーレム」の裏面の「女だらけの恐怖」を既に今話で描いている。
単純なハーレムものでもなく、主人公の行人の戸惑い、ドタバタ、争奪戦、事件、行事など織り込みつつ、大団円に向ける構成になるだろうか。

制作スケジュールが押さない限り、feel. の絵が崩壊する事はないと思うが、2クールだと油断が出来ない。
細田直人のキャラデは良いだろう。
シナリオと絵コンテも、小中学生男子の劣情を満たす程度のエロは感じられるが、それ以上のものは無い。

テレ東だから湯気多めでパンツなし。
しかしすずの濡れた下穿き、誰が見ても紐パンだろうって事はBPOに内緒だ。
翻ったスカート中に見えなければ、それを下着と呼ばないだけの事。きっと水着のボトムだ(出典:俺的辞書)

OP曲 Days (DVD付初回限定盤)堀江由衣 2007/5/2 発売(Amazon)
ながされて藍蘭島 キャラクターイメージアルバム“聴いちゃって 島の音”其の壱 2007/5/23 発売(Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。