アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レビューする予定はなかったのだが、見ちゃったので書いてみる。
原作はオービットの成人向けゲーム。
「顔のない月」につながる系列のようだ。「ヤミと帽子と本の旅人」に続き、オービットのROOTブランド作品は全てアニメ化されたことになる(「顔のない月」はOVA作品)
何で avex もここまで付き合うか不思議?

スタッフは前作「ヤミと帽子と本の旅人」と同じ。
前作の設定もシナリオも正直微妙なうえ、シリーズ構成も複雑だったので良い印象はない。
葉月(CV:能登麻美子)の自慰シーンばかり話題になった記憶がある。

今回も第1話から影絵ながら騎乗位シーンを描いてきて、狙っている。
でも全体的には女子向けな印象を与えるのは、CARNELIANのキャラ原案のせいだろう。
もともと女性ファンも多い。
オービット自体が彼女の会社みたいなものだから、自分のペースで商業化していけば良いのかも知れない。

キャラデの西田亜沙子も艶のある絵を描くので、この二人がコンビ組む作品は特定のファンには堪らないことだろう。私は片方なら良いけど、二人揃うと食い合わせが悪くて中る感じ。耐性がない。

そんなところに持ってきて制作はスタジオディーンで監督は山口祐司。
パンの多用と手持ち感を出す揺れの演出、舞う花びらやアウトフォーカスの背景など、動画枚数よりはエフェクトが命とも言える作風は健在。
変なところにグロス制作させない限りは、画は大丈夫だろう。

ディーンだったら、伝奇風シナリオと耽美的な演出に向いている。
ただ、サブタイとかアイキャッチとかツヅクとか、イチイチ断りを入れる演出は気持ち悪い。

ネットは3局だけ(BS朝日、東京MX、サン)
PCゲームの販促素材だと思うと、失望もしないかもしれないが、この先に超演出でもなければ、話題に上らず消えていきそう。
全話見るとは思うが、感想書くかわからない。

ヤミと帽子と本の旅人 DVD-SPECIAL-BOXヤミと帽子と本の旅人 DVD-SPECIAL-BOX (Amazon)
顔のない月 ゴールドディスク BOX顔のない月 ゴールドディスク BOX 購入に年齢制限あり(Amazon)
桃華月憚【豪華版】桃華月憚【豪華版】 4/27発売予定(購入に年齢制限あり)(Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。