アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりのガイナックスのTVアニメシリーズ。
「これが私の御主人様」以来だろう、たぶん。
時間帯も休日朝で、ジャンルも少年向けロボットアニメの印象があるが、最近の一連のコナミ作品の「深夜33時シリーズ」の例があるから油断出来ない。この作品でもコナミがスポンサーになっている。

監督・キャラクターデザイン・メカデザインに、懐かしさと同時に安心感を覚えるが、シリーズ構成と脚本の中島かずきは馴染みが無い。
「良い」ガイナックス作品であるには、このシリーズ構成と脚本が要であると思うので、長い2クールの仕上がり具合に期待したい。
レイアウト・絵コンテ以降は、そう心配することも無いと思う(願う!)

声はちょっと評価はまだ先かな。
ヨーコ役の井上麻里奈は、まだわからない。
小西克幸は、あれで良いと思う。

音楽はオープニングは中川翔子、大丈夫かと思ったが大丈夫だった(苦笑)
「空色デイズ」作詞はmeg rock、亡き岡崎律子とユニット組んでた記憶が蘇る。

第1話は顔見世だが思ったよりは急展開で、早々にヨーコ登場。
今回の絵コンテは今石監督だが、ヨーコへのカメラワークと演出は「大きなおともだち」を意識していることも感じられる。胸とか胸とか胸とか、尻とか尻とか尻とか・・・
動きもエフェクトも全く問題ない。まだ1話だし。

ヨーコ「もうダメ、キツイ」
カミナ「変な声出すな!」
シモン「なんか出ちゃった!」
ここは小さいおともだち、わからなくても良いと思うよ。

ロボットバトルなのか、冒険活劇なのか、少年の成長物語なのか、まだ第1話ではその先は判然としない。
しかし何となく、本当に何となくだが、昭和の良き時代の東映アニメや日本アニメーションの少年アニメの気配が感じられる。古い皮袋に入るのは新しい酒だろうか、それとも・・・
普段はロボットや少年向けをレビューしないが、ガイナックスへの期待の現われと思ってください。
まあ、そう言いながら何度と無く彼らに裏切られた事は忘れないが、踏まれても踏まれてもついて行く下駄の雪みたいなファンだから、恨みは無い(笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。