アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最終回でこれでは、脚本もさることながらシリーズ構成の失敗ではないか。
話数を重ねるに連れ、甘さが露呈。
それに前回も書いたが、サブタイと内容がずれている。
今話のA・Bパートこそ、前話のサブタイ「無敵な二人」が該当するのではないか?
シリーズ構成と上がってくるシナリオの内容のズレに、優しく言うと無頓着、厳しく言うと無自覚な感じが強い。

前話と今話の絵コンテは川崎監督が切っているが、このシナリオではこれが限界だろう。
Aパートは「原初への帰還」に呑み込まれかけた絢子、それを護の真摯な気持ちに反応したビアトリスが救った。同時に幼少の頃からの絢子のトラウマも救った一石二鳥解決。
短いBパートは、彼らに向かうミサイルを撃ち落とす無敵な二人、そして無力にも地上で見上げるヨハンたち。
Cパートは後日談。吉村家の逸見とママ、銀のマリアの元でこき使われる正樹など。
そして学園では絢子と護の葬儀(これは生徒会役員の悪戯)から卒業式。
これで幕引きかと思ったら、この後の引きが長い。

エメレンツィアの敗北宣言(かと思ったら、ラストでは愛人宣言をしているし)、卒業する摩耶への絢子の友達発言。
桜の下での綾子と護の長い引き。
終わったんだか終わらないんだか、中途半端なままに2クール消化したラスト。

原作ノベルを知らないので迂闊な事は言えないが、登場人物をあらかたプロットしたのは良いが、それぞれが持つエピソード、ホンのつけ足した程度の構成。メインを食うほどのサブキャラも立たせないから、視点は嫌でも綾子と護に行く。
番宣で「メガデレ」をうたう割には、絢子のウジウジ感が一杯。
護もリードするタイプではないから、話が転がらない。
回りが焚きつけるも、生徒会メンバーは所詮賑やかしの役しか与えられていないから、自然に事件が起きて何となく解決する。
エメレンツィア、銀のマリアなどのヒロインのライバルキャラも良い人過ぎる。
ライバルがヒロインとの交流で理解を深めて行く構成が弱いから、カタルシスもない。

岡田麿里は脚本は悪くない時も有るのだが、シリーズ構成の腕は今回見る限りでは疑問。
夏の新番「こどものじかん」は彼女のシリーズ構成だと発表されている。

画は止まっていれば合格点。
グロス回は酷い時もあり。後半はグロスのスタジオをメモることにも飽きてしまった。
総じて言えば「まあまあ」
音楽は上松、藤間、菊田らElemants Garden の総力(大げさか)を上げて、レベルは高い。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。