アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春の新番第1弾(一騎当千D.Dは横に置いとく)
「ぺとぺとさん」以来、久しぶりのXEBEC M2 制作。
どちらかといえば親会社の XEBECと共に「魔法先生ネギま! 」の出来具合で記憶されることが多いスタジオ。
今回は番宣の具合から、制作スケジュールには余裕がありそう。
極端な崩壊はしないと思うが、最初だけ良いってこともあるので注意したい。

原作コミックは読んでいない。
高校に入学した、緊張すると声が出ないあがり症のヒロイン浅井麦が、演劇研究会に入るまでを描く第1話。これは演劇部ではなく、別の演劇研究会ってところもミソらしい。

ヒロイン役の樹元オリエは演劇畑の人らしい。
緊張して口パク状態、割と普通に級友と話すとき、親友の佳代との会話、合格発表の自然に出る大きな透る声と、レベルもトーンも違う幅広い状態を良くこなしているようだ。
先輩で演劇研究会代表の野乃役は川澄綾子だが、そっけないキャラの演技は今のところピンと来ない。
今後、このキャラの役柄、劇中劇での声の変化が注目される。もっと華やかな姫様声が引き立つ人だから。

画は頑張っているほうだろう。第1話だし。
舞い散る満開の桜、風になびくスカートの裾など、柔らかい動きを工夫している。
背景やモブが素晴らしいと言うほどでもないが、近場のスタジオで原画からこなしている。
スケジュールが詰まるとどうなるか、定かではない。

ひとひら 第1巻ひとひら 第1巻 2007/6/22発売予定
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。