アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全体の印象では「叙情的にまとめた」感のある最終話。
エピローグは名作劇場が頭に浮かんだりしたが、短い1クールの中で無事に纏まったとも言えよう。

封じられたバスティーユから開放される絶対天使たち。
空が世界の全てを望まずに「京四郎に会いたい」事がバスティーユを消し去った。
空を舞う絶対天使たちが主人を蘇らせ、空は自らが消えることで世界を救った。
舞う空と京四郎にジンの「まるでラストダンスだな」が全てを現している。
たるろってはソウジロウを、かおんはひみこを救い、空と京四郎は舞うが、ひとり見つめるせつなの瞳は切ない。

別れの時間を淡々と迎えた二人の時間が尽き、京四郎と別れの時間が来た空が「死にたくない、助けて」
京四郎も「離さない」と想いを言葉に出した時には、空は消えていた。

京四郎を抱くせつなと、せつなに抱かれる京四郎の嗚咽。
そしてエピローグ。
消えた空を探しに旅立つと言う京四郎に、報われないと知りつつ「空と会えたら京四郎にお別れを言うの、そうしたいの」

介錯先生、せつなを何とかしてあげられませんかねえ。
京四郎と永遠の空―前奏曲京四郎と永遠の空―前奏曲
空と出会うまでのことは、これで補完しろと。
いや、消えた空に出会うまでのエピローグを、第二期でやっていただきたいところ。
京四郎も、せつなをモノ扱いしない構成で。

開始当初は過小評価していた介錯ワールドでしたが、予想以上に楽しめました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。