アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京国際アニメフェア(TAF2007) 一般公開2日目(最終日)
イベントステージを中心に最終日の模様を簡単にお伝えします。

・特設ステージ 「一騎当千DDR」公開録音&オープニングライブ:生天目仁美/茅原実里/門脇舞以/雁行真依
ますみんはインフルエンザにより欠席。ライブ含み30分では少々尺が厳しい。作品の見どころが十分伝わったか怪しいところ。
OP曲の雁行真依は人前では初披露らしいが、幅広い音域をこなしていて悪くない。
マベーベラスインタラクティブから「一騎当千」ゲーム化が決定!

・ポニーキャニオンブース
本日の司会はニッポン放送の吉田尚記アナウンサー。
前日のイベント司会進行はパッとしなかったので、今日は適役。

「ヴィーナス ヴァーサス ヴァイアラス」高垣彩陽/茅原実里/辻あゆみ/Riryka

進行上のノリで、茅原実里がスミレのバーサーク化する生セリフを求められたが、その際の顔を見られるのが相当イヤだったようで、後ろ向きで演じたが、半泣きだったかも。
新人の高垣彩陽は現役音大声楽科生との事だが、ステージ慣れしていないのは仕方ない(これが初イベント)
Rirykaのライブ、OP曲「Bravin' Bad Brew」
これがメジャーデビューで、上松範康作曲。短い中にもCパートまである凝った構成をパワフルに歌う。作詞は畑亜貴。
茅原実里blog minorhythm「東京国際アニメフェア2007(2日目)」
写真2枚目、左から茅原実里、辻あゆみ、高垣彩陽、なぜかポリフォニカの戸松遥
辻あゆみげぇむ日記 「Venus Versus Virus」
こちらの写真が大きい

「神曲奏界ポリフォニカ」戸松遥/神谷浩史/佐藤利奈/榊一郎

榊センセイ、どう見ても中国人マフィアです・・・
参加者は女子率40%ほど、神谷浩史目当てだがすっかり良くなったようだ。
佐藤利奈、最近はネギ先生のショタ声が定着した感もあるが、プリネシカのほんわかとしたキャラをどのように演ずるか期待される。
ヒロイン、コーティ役の戸松遥は現役高校生で、デビュー作のようで実力未知数ながらも、黒オーバーニーソ姿に全てを許そうと、放送開始前に甘くなっています。
ステージでは、他のゲストが高校時代を懐かしんだネタで盛り上がりました。
高校生年齢から大人の幅のあるコーティカルテを演じ分けられるか、注目しましょう。アフレコの様子だと、共演キャストからは新人離れしているとの評です。
榊センセイから、各話はアニメオリジナルで脚本は必死に書いている(特に大迫さん)
制作から伝言「プロモの100倍、本編の出来は良い」
プロモは微妙なところもありますから、銀画屋の頑張りに期待しましょう。

「Kanon」佐藤朱

既に放送終了した作品だが、DVD販促として設定されたステージの感あり。
DVD全巻購入特典の「CLANNAD Invitation」も、思ったより売れない「Kanon」の販促の意味があるのだろう。
「CLANNAD Invitation」は、ノンクレジットOP・EDにプロモ映像を収録した、「Kanon」で言えば「Kanon Prelde」相当だと発表される。
美坂栞役の佐藤朱、演技に悩むところも見受けられるが、素の良さをアピールする事が成功の近道な気がするのは素人考えか?
イベントは2回目との事(最初は先日のコルダだろう)
ファンは役者つながり・作品つながりで増えてゆくと思うので、作品との出会いを大切に今後も活躍を期待したい。
佐藤朱blog どこか遠い場所へ「イベント無事( ?)終了~☆ 」

・その他
「天元突破グレンラガン」はガイナックス、コナミなど各ブースで露出が多かったが、個人的には期待したい。良き時代の少年アニメの気配が漂う。

TVA「パピヨンローゼ」DVDは第3巻で中断したままだが、「パルテノンプロダクション」で各900円で投売りなのが悲しい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。