アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プリムラ編のまとめは、Aパートには魔界編で芙蓉家の家族として、Bパートには黒楓、壊れていく楓ウォッチャーとしてプリムラを描いてきた。
まだ楓の支えになるほどの力を持たない点はきちんと押さえている。

オリジナルを再構成した中では、プリムラ編が一番まとまりが良いと思う。
家族になりきれない、かといって傍観者でもない、強力な魔力を持ちながらも頼りなさ溢れるプリムラの視点で見る、稟を中心とした日々。
家族と心の在り処を確かめる物語には、良く合うと思うのだが。

このプリムラの居場所の空虚さは、Aパートの魔界研究所の培養器で見る夢で良く表現されていて、追いかけても遠ざかる稟と楓(家族・未来)、振り向いた対向にリコリス(姉代わり・過去)
リコリスの姿(過去)は風と木の葉にかき消される。

培養器の外では稟と楓が必死に呼びかけ、プリムラを未来へと誘う。
この過程でプリムラの魔力が回復し目覚めるが、暴走しかけた魔力を封じたのが過去のリコリスの想いが宿ったネリネというのは、しっかり過去へのフォローも忘れていない。
このシーンの構成は良かったが、全裸の幼女を抱くのはいけないと思います!(稟に嫉妬・・・)

Bパートは空鍋黒楓編。
楓編で見せなかった空鍋を、ここに取っておいたか。
楓の気持ちに気付かない(鈍感)もしくはスルー(悪魔)の稟と亜沙に、次第に心を病んでゆく楓の様子をプリムラの視点で再構成している。
亜沙自体の話に重きはおかれていないので、楓から亜沙への「死んじゃえばいいんだ!」攻撃後は亜沙の話はパスし、失踪した楓が帰り立ち直るまでを、サッと描いている。

締めはオリジナル最終話から、楓と二人暮しで学校に通うようになったプリムラの制服姿。
お弁当シーンの「お兄ちゃん(スリスリ)」で抱きつくシーンでは、妹属性を発動させた視聴者も多かった事だろう。
プリムラ役はひと美。特にクール幼女声だと、田村ゆかりと互換性があると思うのだがどうだろうか。

原作PCゲームは、CLANNAD や Fate/stay night と同じ2004年の発売。Navel デビュー作だが、前ブランドBasiL のファンを引き連れていて、結構売れた記憶がある。

SHUFFLE!Memories ヴォーカルCD 2007/4/11 発売予定
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。