アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよ学園祭直前から当日を描くヤマ場。
Aパートは手堅い構成。
学園祭復活の決定から前夜までの様子を、生徒会書記として光香の日記をナレーションで展開する。
これまでも光香が裏ヒロインじゃない?と思わせる構成が多かったから、自然な導入。
光香に「今日、帰りたくない・・・」と言わせるシナリオは狙ってるだろ、金月龍之介!

屋上に横たわり、5人で夜空を見上げるシーンから、光香がまなびに語る気持ち、まなびの「私、忘れないよ!」まで、青春の甘酸っぱさを感じる。
慣れてきたのか、シナリオの気恥ずかしさは薄れてきた。
同時にBパートシナリオの薄さも気になるところではある。

生徒たちも結束し、いよいよ学園祭当日。
本部詰めの生徒会役員、特にまなびは参加できずに体が疼いている。
まなびの兄武文に、様子を見に来た愛洸の理事長がいちゃつくからなおさら。
この愛洸の理事長(鏡子)、学園の生徒会活動と私生活両面で、まなびのライバルとしてキャラクターは、久川綾の演技も加わって良く立っている。

本部詰めで、見て回る事が出来ないまなびたちも、目を閉じると楽しげな学園祭の光景が目に浮かぶ。
「イメージすること、それを形にすること」まなびたちから教わった愛洸の生徒会長(多佳子)のお返し。

ステージのライブシーン。
バンドボーカル役に茅原実里をゲストで迎えた。
強引に芽生がステージに上がり、顔を歪めて熱唱するのではないかと心配してしまったが、そんなウケ狙いのシナリオではなかった。
この挿入歌「桜舞うこの約束の地で」もキャラソンで発売されるのでしょう。
聖桜学園校歌バンド」に収録されるのかな?

ステージの演奏シーンは良く動いていた。のだめカンタービレよりは。
その無駄な労力に賞賛を贈るのがオタクとしての矜持であるのだろうが、それが作品の総合評価に寄与する努力なのかわからない。
関連商品を発売するためのシナリオと演出になっては、本末転倒でもあるのでご注意を。

茅原実里は唄だけに呼んだとしか見えないが、出番も安定して増えてきたか。
VVVのスミレ、一騎当千D.Dの張飛益徳も悪く無い。
しかし唄もやって行きたいように見えるが、中途半端にならない事を祈る。
流石にアキバでのストリートライブ再開はしないだろう。

がくえんゆーとぴあ まなびストレート!アンサンブルII 2007/4/25 発売
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。