アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バックに「朝影」が流れるオープニング。
長い2クール、第1話のオープニングまで記憶を巻き戻させられる。
更にそれ以前、暑い8月のTBSアニメフェスタでの上映、東映アニメーション版を見た時、そして原作ゲームをプレイした時と、記憶は7年前まで遡る。
さて、志茂文彦と京都アニメーションは「奇跡」の物語をどのように締め括っただろうか。

真琴編はシリーズ前半で終了しているから、前回はエクストラ。
名雪編も前話のラストで一気に片付けた感がある。やはりメインで輝くヒロインとは少し違った形で締めた。
さて、残りのヒロインたちの後日談と、あゆシナリオのラストを組み合わせた今回の最終話。

水瀬家の朝。
名雪の目覚し時計で起きる祐一、目覚し時計のベルに動じない名雪、そして秋子さんがいる食卓。
このアバンのシーンは回想なのか、名雪の願望が紡ぐ夢なのか、少々落ち着かない気持ちで画面に向かい合う事になる。

学校のシーン、変わらずに見える名雪・北川・香里。
雪の融けた中庭には制服姿の栞。奇跡的な回復(一体何の病気だったんだ!と突っ込んではいけない)
「私、本当は死にたくなかったんです。お別れなんて嫌です」
栞編のエンドですね。
噴水の前で勇気を奮ったキスの後、アッサリ消え去った栞のフォローとしては悪くは無い。

前話での次回予告を見た時には、最終話は栞はナレーションのみ、姿は一切無いのではないか、エンディングの回想でフレームに入れた写真で登場するのではないかと邪推したが、そんなオチにはしなかった。

栞の役割をここで切らないで、Bパートに重要な役目で登場させる。
春の花壇でスケッチをする栞のおとぎ話。
「夢の中で願いを叶える力を得た少女は、大好きな人がずっと笑っていられるようにと願った」
これがあゆの3つ目の願いでしょうね。
奇跡をヒロイン一人一人に願うのでなく、そのヒロインたちが心通わす祐一を悲しませないように願う事で、栞たちを救った形になる。最後の願い一つで全員を救った。
あゆを他のヒロインたちと絡ませる構成があったから、この解決で違和感は無い。

百花屋でお茶する秋子さんと祐一のバックには、バッヘルベルのカノン。
秋子さんも奇跡的な回復。2~3ヶ月で全治した計算だろうか。
Aパートのここに至るまでも、誰かの夢の中のシーンだと疑っている私。
秋子さんに謎解きされて、祐一の向かった病室には昏睡したあゆ(大)
あゆルートなんだと、ここでようやく納得。

早い回復で舞と佐祐理も登校していて、いつもの階段踊り場での昼食風景。
二人は浪人の上で大学を目指す。メガネッ子になった舞は獣医を目指すようだ。
変わらないように見えて、少し前に進んでいる事を感じさせる。
卒業式の舞と佐祐理の袴姿で、舞ルートのエンド。
病院に行くという祐一を見送る舞のアップでスイッチする絵に、期待を感じさせる。
季節が一巡りした次の冬の終わり、目覚めないあゆの病室で舞の「迎えに行ってあげて、私の時のように」に促される祐一は、あゆの気持ちが残る場所を巡る。

佐祐理が百花屋でカノンの解説をした時、前話の真琴(大)のアドバイス、栞の語る願い、秋子さんの7年前の謎解き、舞が示すあゆの待つ場所と、主人公にマッチポンプ的な自己解決をさせずに「気付き」のチャンスをヒロインたちが与えている。
名雪は?
前話のラストと今話の病室から出掛けの「今なら信じられる、奇跡ならあるんだよ」「ふぁいとっ、だよ?」名雪はこれだけで充分。これで明日も生きて行ける。

森の学校、大木の切り株の傍らには祐一があゆに渡したと思い込んでいた赤いカチューシャ。
7年間そのままだったのか?
幼い祐一が事故のショックの防衛本能からか、「カチューシャはあゆに渡した」と自分の記憶を摩り替えていた事実に気付いた後の長い嗚咽。
このシーンに少々驚き。
あゆは昏睡したまま夢で7年を生き、祐一は生きながら7年間の夢を過ごしたということか。
祐一の夢が覚める時、あゆも夢から覚める。
あゆの願いが祐一を救い、現実を受け入れた祐一があゆの夢を終わらせたとも解釈できる。
原作も今回のアニメでも、奇跡のシーン、あゆの目覚めのシーンは見せないけれども、容易に脳内で描写できる。

そして桜の季節、駅前のベンチにあゆ。
ショートカットになったあゆの絵を使ってきた。
そして低い身長と傍らの車椅子が、長かったあゆの眠りを想像させる。
「風の辿り着く場所」がイントロからフェードインして、エンディングへ。
森の切り株には新芽が出て、アウトフォーカスに狐が通りかかる。
次の物語のプロローグに向かって、少しづつ変化して行く予感を残して長い物語が終わる。

様々な媒体で「Kanon」と触れ合えた7年間、私も夢の中にいたのかもしれない。
繰り返し、少しづつ変わってきた。願いは残したままだし、置き忘れた想いもあるかもしれない。
その間、強くなる事が出来ただろうか?
どうだろうね?名雪。

Kanon アイテム
Kanon Original Soundtrack
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。