アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最後のヤマ場に向かって、下降気味だったシナリオもほんの少し持ち直したか?
しかし入れ替わりに絵がダメダメ。
前話までは韓国に原画出していても、ゼクシズで作監のチェック・修正が効いていたから大きな崩れが感じられなかった。
今話はアニメーション協力:SOWAKA と U-HAN 韓国にグロス出しでしょうね。
「萌え」アニメで、ヒロインキャラの作画を崩したらいけませんね。シナリオが引っ張るほどの力は無いし。

スピード感の無いシナリオと絵コンテ。
綾子たちのドイツ行きから護の捕獲まで、Aパート全部充てる事もないと思う。
銀のマリア一味が絢子たちを襲うまでが、説明的過ぎて退屈。

「見どころ」ではなく「ツッコミどころ」ならある。
なぜ生徒会長も同行するの?制服で行くの?エメレンツィアが制服姿でCA?
お約束やギャグと言うには笑えない。

鷹栖正樹の実験「原初への帰還」により、眠ってしまった絢子のビアトリス復活を目指すのだが、生徒会長とエメレンツィアはお呼びでないようだ。
エメレンツィアの護への想い、生徒会長の絢子への感情の交錯を、もう少しきちんとフォローして描くと良いのだが、今のところは投げっぱなし。

強力なビアトリス使いのヨハンと絢子の結婚初夜のようにも見える「原初への帰還」実験。
言葉で拒んでも、絢子の体(ビアトリス)は自然に反応してヨハンを求める、寝取られ展開。
ところがビアトリスが暴走し、エイリアンのような実体が出現。

ここまで「原初への帰還」に協力せぬよう、銀のマリアに拉致 or 保護された護に活躍の場が無いが、役に立たない(と見える)生徒会長・エメレンツィアと共に絢子を救うのだろう。

「護くんに女神の祝福を!」オリジナルサウンドトラック (Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。