アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まほろの誕生から戦いの日々を回想する過去編。
いままでの式条先生、とりおまてぃっくのギャグもお色気も別世界のような重さが漂う。
第1話から度々使われる、まほろとセイントの戦闘シーンは今回のメインでもあるのだが、ガイナックス臭さ、言い換えるとエヴァからの流れを感じさせる陰鬱さが濃い。

ヴェスパーの戦闘艦デッキで、夕日に感動するまほろに美里司令の「世界にはまだまだ、これよりもっと美しいものがある」
第二期のタイトルになった「もっと美しいもの」だが、それと裏腹にシナリオと演出はシリーズ後半に行くほど、特に第二期は輝きを失って行くような気がしてならない。
ガイナックスがマジになると、今まで持っていた原作の良さとアニメでのバランス、この作品の場合は、シリアス・ギャグ・エロの三位一体感を失う気がする。
総じて「萌え」のバランスを崩して「燃え」に傾いてしまった時の息苦しさは、この作品にも付き纏っている。
第一期の主たる敵がリューガだと言うのも、尻すぼみに感じる原因か。
式条先生の方が、よほど手強い。

そんなマジな感じが色濃い回だが、温泉話を混ぜて息抜きのシーンもある。
今回の絵コンテ・演出は川崎逸朗。
16:9フォーマットを生かした絵コンテとレイアウト。微乳(乳首あり)がワイド画面一杯に映し出される作品は、最近トンとお目にかかれない。
最近のサイドカットTBS地上波ではレイアウトの良さを殺すから、放送できない。これはKanonも同じ。

ヴェスパーでの戦いの日々、美里司令との別れを描いて、まほろとリューガの決戦の舞台に話は戻る。次回予告は無い。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。