アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DVD第2巻でシナリオを見てしまった分、意外感は薄い。
ネタバレに注意して書いたつもりだが、私の記事を見て被害を受けた方がいたらゴメンナサイ。

真琴の登場は、オリジナルストーリーとしての意味は見出せたような気もする。
ともすればヒロインルートの結末で破綻しがちな、ゲーム原作アニメを構成する上で、各ルートの接着剤または核が重要。
このシリーズでは前半のヒロイン、そしてキーワード「家族」を意識するに重要な人物、真琴がエンドに向けて主人公に重要なナビゲートをした格好になる。

この近所のお姉さんの「沢渡真琴」紛らわしいので「真琴(大)」と仮称する。
キャラデで一目瞭然の通り、あの真琴が大きくなった姿。京アニ作品で例えると「みくる(大)」
書置きの便箋の絵柄は「狐とブドウ」で真琴のテーマ曲「The fox and the grapes」と同じ。
部屋の鍵にはキーホルダー代わりの鈴。
冷蔵庫には肉まん。
「まさか、な」と主人公に言われるように、狙ったシナリオ。

「真琴(大)」の登場を狐の恩返しとするも良し、タイムワープと考えるも良しだが、すべては夢の中、ある想いが結んだ長い夢の中の出来事なのかもしれない。
後日訪れたその部屋に、誰も住んでいなかったとしても不思議ではない。

あゆの物語のラストに向け、名雪を放置しているかに見える祐一だが、真琴(大)の言うとおり「約束」あゆとの約束を果たさなくては先に進むことが出来ない。
それが出来たから、後半で名雪と次の約束をすることが出来たのだろう。
雪の降り止んだ朝、再び森へ出かける祐一の足取りはしっかりしている。
LiaのLast regretアレンジバージョンに乗せてあゆの回想シーン。

そして夕日に照らされて、あゆの物語のフィナーレ。
あゆの最後のお願い。
「ボクのこと、忘れないで下さい」と対になる「ボクのこと、忘れて下さい」
祐一に却下され、改めて口に出した願いは風にかき消されて聞こえない。
「ボクの最後のお願いは・・・」

名雪を支えたのは親友の香里。
何も出来て無いようだけれど、北川がきちんと存在感を出している。香里といることに意味がある。
今回まったく登場しないで、一番の存在感を出していたのが栞。
死ぬであろう事を前提に扱われているキャラ。
「自分は大丈夫だから、水瀬さんのところに行ってあげて」
祐一とは恋とはいえない、兄妹のような儚い想い。絵に出なくても、きっと最後まで笑っているであろうと思わせる栞の強さが伝わってくる。
香里の励ましの強さの半分は、栞の後押しの効果だと思う。
最終話予告ナレーションを栞がやっていたから、何らかの結末は見せるのだろう。

あゆ消失。
祐一にとって3度目の消失。
1度目は記憶を消し去るほどの破壊力で、幼い心を押しつぶした。
2度目はつい先日。
この3度目の消失は、祐一にとってどのような意味を持つのか?
長い夢から目覚める時が訪れたのかもしれない。「奇跡の代償」と引き換えに。

最後にベンチに座る祐一の前に、名雪が復活してくるとは予想しなかった。
喪失感に包まれたままで家に帰る気力すらなかった祐一がいるのは、駅前のベンチ。あゆとの待ち合わせの場所。
それは名雪との再会の場所でもある。「朝影」のアレンジバージョン。
あの母にしてこの娘ありと思わせる、「おあいこだよ」で許す出来事の数々。
そして「私、強くなるよ」「ふぁいとっ、だよ?」と先を目指す力強さ。
メインヒロインの中で唯一、現実を生きる名雪の輝きが取り戻せた瞬間。
だからこそ祐一とは結ばれない結末で惜しくない。

最終話は雪の季節が終わり「春が来たころ」でしょうか。
放送時期にドンピシャの卒業式の頃でしょう。そうするとアレが見られそうですね。笑顔の二人。
秋子さんは、栞はどうなっているでしょうか。
長い夢の果てに、あゆの最後のお願いは?

石原監督インタビュー記事要約
以下反転
-ラストにはどんなドラマが?
・ラストへ至るまでの過程はちょっといじっている(筆者注:今話のことか?)
・原作知らない人にも、さすが「元祖・泣きゲー」と言わせる結末
・最終話Bパート明けから少し行った辺りが好き
・最終話見るとあゆが走っているエンディングの印象が変わる


Kanon アイテム

追記するほどでもないが、書き忘れ。
幼い頃、祐一は怪我をした子狐を拾ったが、今度は真琴(大)に拾われた。「昔のまま、あの頃と何も変わっていない」と言う祐一。
大人と子供の関係に投影して、この関係を祐一とあゆ再会の場面に相似形で描いている。真琴(大)のアドバイスが有効だったという事。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。