アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宮子から借りた目覚し時計は悲鳴が鳴り響く、騒々しい朝。
ひだまり荘の前には宝くじの落し物。
今回は原作コミック第1巻の宝くじと卒業生の特別授業ネタ。

吉野屋先生の教え子だった岸麻衣子の登場。
映像に興味を持ち、夢を目指す今を語る。
はっきりした夢を自覚していないゆのに「出会うものすべてがきっかけになる、そのことに気づけばきっと見つかる」とアドバイス。
美術系の学校を出た、うめ先生ならではのリアリティがある。

アイキャッチのソフトボールユニフォームのヒロさん、可愛いじゃないですか。

Bパートでは一斉清掃日ネタを絡めてきた。
ゴミから回収してきた、アブラナの絵。才能はあるのに転校した生徒の作らしい。
Aパートの将来の夢と対にしてゆのを描いている。

ヒロさんが言ってた懸賞の色紙、うめ先生の絵は「ひだまつり」イベントの時に後藤さんが描いていたものか?でも会場の当選者に渡したはずだから違うか。

宝くじの当選番号発表、落し物のお礼にもらったくじは外れたが、映像コンクールの入賞者の記事に岸麻衣子「裏新宿の狼」

シナリオの構成は、原作を上手くアレンジしている。
カラクのグロス制作回。
提供バックの絵は門井亜矢。同人以外で見る頻度が減ってきたが、活躍している模様。
個人的には「下級生」の頃が一番だったかなあ。

アンソロジーコミック出ました。うめさんの「戦友」MATSUDA98氏も描いてます。
ひだまりスケッチアンソロジーコミック 1
ひだまりスケッチアンソロジーコミック 1
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。