アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第1期のヤマである、まほろとリューガの過去を清算する戦い。
その前日、ほんの僅かな穏やかな一日を描く。
まほろと優のデートに式条先生が絡む毎度の展開ではあるが、まほろが気持ちの清算をし終盤へ話が繋がる重要な回である。

まほろから「優さん!デートしましょう!」と誘った横浜行き。
優のイケナイ妄想と、途中出くわした式条先生の過激な妄想が対になって、視聴者にも怪しい妄想を抱かせるシーンが挿入されるが、シリアス・ほのぼの・微エロのバランスが良い。

大観覧車で優にリューガとの過去を語るまほろだが、それ以前の美里司令を結果として殺したことまで語るわけでもなく、聞きたがる優でもない。
じれったい二人の関係ともいえるが、想いを先につなげる意味ではシナリオに忠実な演出。

遊園地にたどり着くまでも式条先生の執念あふれる破壊工作が、まほろの言うとおり人間にしておくにはもったいないしぶとさ。
セイントよりも式条先生がまほろの最大のライバルと思えてくるが、比較して2期ラストに登場するそっけない演出がそっけなさを感じ寂しいところ。
ぬいぐるみを着て倒れた式条先生の台詞「アツイゼ、アツイゼ、アツクテシンジマウゼ」は「北斗の拳」のオマージュだろうが、個人的には「デコゲー」を思い出させる。

夕暮れの高台の公園。
多くのカップルに囲まれて、二人の関係がどう見えるか問うまほろに、姉弟かなと答える優。
「お姉さんと弟ですか、それも素敵ですね!」
まほろはどんな答えを期待していたのだろうか。
ボーイ・ミーツ・アンドロイドメイドではなく、ボーイ・ミーツ・ガールの甘酸っぱい初恋物語の一シーン。

帰宅した夜、優のための明日のシチューを仕込む、普段通りのまほろ。
リューガとの決戦に向かうまほろに、スラッシュの「アレは使うなよ!」
現在の戦闘能力で勝機はあるか・・・

まほろまてぃっくストア
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。