アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
愛洸学園による吸収合併問題に絡んで、学園祭中止の騒動が続く。
生徒会役員が署名運動に必死なだけで、一般生徒の無関心振りが際立っていて、騒動らしき事は何も起こらない。
むしろ平穏で、現実はこんな物だろうと思わせつつも「これでいいんだろうか?」と、まなびたち生徒会役員への視聴者の共感をくすぐる仕掛けになっている。

廃墟となった学生寮に過去の記憶をめぐらせる桜園長。
回想シーンでの生徒時代のCVは林原めぐみ(多分、今回だけのゲストだろう)
時代を感じさせる学生運動風の敗北に続き、流れを変えることが出来ず、また今回2度目の敗北感を噛みしめている。過去と現在の対比で一層の無力感を演出している。

あきらめかけたか、むつきも芽生も学園祭中止反対闘争から距離を置き始めた時、権力側は絶好のタイミングで新校歌のプロモと新制服のデモで移り気な生徒たちの関心を統合へと向けさせ、既成事実を積み上げる。

派手な活躍ではなかったが、伏兵の桃葉がプロモ放映をハッキング。
自ら撮り溜めていた生徒会活動ビデオを流すが、バックに流れるのは聖桜の校歌。
ここでは旧校歌がまなびたちの心を再結集する道具として、新校歌との対比で効果的に使われている。

癒されるわけでもないが、淡々と物語が進んで行く不思議な作風。
生徒会役員は再びまとまったが、一般生徒の無関心は変わらない。
署名7割以上クリアは、神風吹かないと無理だろう。
まっすぐ ゴー!で乗り切るのは難しい。
金月のシナリオに注目したい。


がくえんゆーとぴあ まなびストレート! 天宮学美&稲森光香 紺スク Ver. (PVC塗装済み完成品)
2007/05/25 発売
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。