アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さすが京四郎の兄、カズヤのナルシストっぷりは弟など足下にも及ばない。
この演出のクサさと、地球を破滅に導く規模の兄弟喧嘩シナリオには脱帽せざるを得ない。

今回で絶対天使の秘密は種明かしされただろうか。
大爆発の時に分かれた魂を鋼鉄天使の体に宿したワルテイシア、体だけを残し絶対天使としての心が空っぽの白鳥空。
空の成長を待っていたカズヤに時は満ち、ワルテイシアと空の合一を図る頃合い。

カズヤにとって見れば、泣き虫で後を追いかけてばかりだった京四郎は、今になっても取るに足りぬ相手。
さらに痛ましい事に、カズヤを美化した京四郎の記憶が邪魔をする。
「世界を救う?そんなこと考えたことも無い」
大爆発の際「自分を逃がしてくれた優しいカズヤ兄さん」は、来るべき世界に京四郎が邪魔だっただけで、生きていることなど期待していなかった。
京四郎にとって、肉体的な打撃より兄を信じていたが故の精神的な打撃が大きい。

ナルシストでサディストなカズヤ役は成田剣。「いぬかみっ!」では死神(暴力の海)役をやっていたが、この系統のキャスティングは合っているだろう。

カズヤは空とせつなを回収した勢いで、ミカの神殿に乗り込んで殲滅。
ミカは死亡、かおんは最後にひみこを守ったように見えたが、敗れる。
着々とカズヤの絶対天使ハーレム化が進行している。

さて、これでカズヤへの対抗残存勢力はソウジロウ+たるろって、ミカから金印を譲られ事後を託されたひみこ、サンドバッグ状態で手駒もなく戦意消失に見える京四郎。
こずえや大神ジン?役に立たないだろう・・・

兄をライバルとして乗り越えるスポコン物に置き換えてみても面白いが、何か70年代少年誌の匂いがするんだが気のせいか?

京四郎と永遠の空 ドラマCD「天使円舞曲」
京四郎と永遠の空 オリジナルサウンドトラック
京四郎と永遠の空 グッズ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。