アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
絢子と護の間に割って入るつもりはなかったと思い悶々とするも、宣戦布告のエメレンツィア。
覚悟を決め徹底的にと思い、果たし状を書く。
筆の使い方を教わろうとしたエメレンツィアに、激しく誤解して妄想したのは内緒。

生徒会メンバーも絢子とエメレンツィアの対決を煽るが、生徒会長の麻耶は浮かぬ顔でクライマックスに中継カメラのコンセントを引き抜くのは何かの伏線でしょうか。
それとも絢子への想いをまだ引きずっている表現なのか。

戦闘シーンはCGなど使って派手だが、尺が長く感じる。言い換えると退屈。
エメレンツィアは勝機ないのを承知で戦っているし、絢子も実力の差はわかっているので手加減している。本気モードではない。
ならば絵コンテ・演出でバトルスーツが破けたり脱げたりのお色気も期待されるところだが、こちらもマジモード。

オチは麗しく姉妹のように抱きしめ合う展開。かと言って百合でもない。
良きライバルとして「私たちの勝負はこれからよ!」と言い出しそうな雰囲気。
逝きそうで逝かない、見えそうで見えない演出は勘弁・・・

アニメオリジナル展開なのだろうか、手先として使う我孫子に銀のマリアから何やら包みが届く。
絢子に投げつけられた、その包みの中にはホラクル。
絢子のビアトリスを消し去ってしまい、絢子ダウン。
いよいよ本格的に銀のマリアの登場か?その意図は?

何だか護の重要度が徐々に下がっていくような気がするのだが、最後に美味しい所だけさらってお終いは勘弁して欲しいところだ。

護くんに女神の祝福を!ビアトリス・1 メガデレ・エモーション(限定版)護くんに女神の祝福を!ビアトリス・1 メガデレ・エモーション(限定版)

「護くんに女神の祝福を!」オリジナルサウンドトラック
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。