アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今になって思えば第1期は、ある過去を持ったアンドロイドと少年の関わり合いをベースに、ガイナックス的な戦闘シーンを取り入れてリューガとの戦いで終わった印象がある。
ヴェスパー・セイント・管理者が入り乱れる物語の核心を語る第2期の、長い長いプロローグだったのかもしれない。

優とまほろの生活の近くに現れた異星人セイントの戦士リューガの出方が窺われる。
何故にまほろを狙うのか、初戦で敗れた因縁がリューガのモノローグで説明されている。
まほろへの殺意とガーデンパーティーで優の生い立ちを聞いてからのリューガの変化は自然に描けていると思う。

そこに至るまでの描写は、優とリューガの薔薇疑惑を抱く式条先生の妄想ネタを挿入し、リューガのバックアップ役で初出のセラ、まほろとのイメージトレーニングに励むリューガの様子を押さえている。
ガーデンパーティーでの式条先生や生徒たちのドタバタも、まほろとリューガの緊張関係から控えめに感じられる。

屋根の上で月を見上げるまほろ、それに寄り添うと言うよりは斜に構えながらも忠誠を尽くすサポートメカスラッシュの関係が懐かしい。
「敵が現れるようでは、この家から去ったほうがいいかな」まほろ
「理屈はどうであれ、お前の気持ちはどうなんだ?」スラッシュ
いずれこの家を出てゆく予感を漂わせながら、AパートとBパートエンドそれぞれに、このシーンを相似的に持ってきて締めている。

今回まで気にしていなかったが、アバンでのまほろの夢に出てくるのは ARCADIA なんでしょうか?
CVは川澄綾子が兼役でやっていたようだ。

脚本 : 山賀博之
絵コンテ・演出 : 山口頼房
作画監督 : 渡辺とおる・伊藤良明
今回は画の出来具合が良くない。キャラの線が粗いし、立ち姿のデッサンから怪しいところもある。

まほろまてぃっく TV-BOXまほろまてぃっく TV-BOX
まほろまてぃっくストア
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。