アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オリジナル放送時は亜沙エンドながら、他のヒロイン達も隙あらばチャンスをうかがう一種のハーレムエンドだった。
今回の亜沙後編では途中の大きな改変は無く、稟と亜沙が付き合っている状態で亜沙の封じられた魔力解放までを描いている。

遊園地デートの楽しげな光景を冒頭に持ってきたが、心休まるバカップルの様子が見られるのはここまで。
黒楓の攻撃で倒れた回想シーンを挿入しながら、同じ様に楓の攻撃に耐えていた稟と、弱かった自分を守ってくれた亜麻さんの強さを重ね合わせた、亜沙の勘違いモノローグが新規収録されている。

一応、稟は芙蓉家を出てアパート暮らしを始めた状態。
稟「これから亜沙さんがいてくれますから」
楓の哀願「稟君のそばにいさせてください」を思い出すと、稟が楓から亜沙に乗り換えた事態が明確になり、やるせない。

過去のトラウマから「自分は魔族じゃない、人間だから魔法なんて使わない」と強情一点張りで、その魔力に自らを蝕まれて倒れる亜沙。
過去に虐待された小道具のカッターで、そこに居合わせない楓への意趣返しのようにリストカットする稟。
自分を救うために亜沙は魔法を使うはずだ、亜沙の魔力も解放されて一石二鳥というご都合主義の稟。
伏線も充分でないから唐突で、すこぶる後味が悪い。
こんなシナリオは馬でも食わないだろう。

各ヒロインルートをひと通りリセットして、最終回の一発で描くのか?
リメイク版開始前に期待された楓ルートではなく、新ハーレムエンドなんだろうが、セージとかサイネリア出してきて大団円か?
もしカレハ先輩エンドなら土下座してお詫びする。

Navelストア
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。