アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サブタイが「Leson~」ですが、まだまだ練習中ということでしょうね。
相変わらず千秋の辛辣な指揮者ぶりに、Sオケメンバーは涙の練習の日々。
定期公演も迫る中、新キャラ指揮科の大河内が偵察に登場。
Aオケでタクトを振らせてもらえるよう、ミルヒ(=シュトレーゼマン)に直訴するが「見返り」を要求されている。

部屋で煮詰まる千秋に、のだめが勝手に映すビデオ「プリごろ太」登場。
原作知らないけれど、藤子アニメのオマージュか?
劇中劇アニメにしては、川上とも子、釘宮理恵らのキャストでまともに作っている。ドラマ内で流したのと同じかな?

弾けているが指揮を見ていないSオケ。それはのだめの弾くピアノの個性と同じ。
そこまで見抜いての人選をミルヒはしたと、そういうことなのだろう。
のだめ絶賛のお子様アニメで何かを感じたのか?千秋。
公演前日の練習で「やり方を変える」と千秋。

公演当日は練習のままで、千秋もタイを外し異例のメンバー皆Tシャツ姿。
予想外に弾けているオーケストラに、今までの教授・学生の懐疑の目も変わる。
単純な恋と成長の物語にはならないだろうが、これからも原作の良さを素直に引き出すことを期待しよう。

演奏の3Dは前回より動いている。
今回はノーマッドのグロス回。絵コンテは、こでらかつゆき。
わかりやすく割合はっきりとしたコンテ切るので、コミカルなパートもメリハリ良い。
J.C自社制作より良いのではないか?
たまにこんなことがあるから、ノーマッドは侮れない。

のだめカンタービレおすすめ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。