アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京四郎「バカヤロウ!ふざけるな!出て行け!」と言いつつも、裸オーバーニーソの空をベッドに押し倒して話が動き出すかと思ったが、部屋を飛び出したのは京四郎の方だった。
性欲の煩悩に打ち克とうとするスポーツ少年の如く、湖に飛び込み冷却する京四郎だが、家に戻ると入れ違いに空が学園祭で浮かれた街に彷徨い出す。

虚ろな空が祭りの明かりに誘われ、屋上の淵からダイブする刹那、空の手を京四郎が捕まえた。
なんだか煮え切らなかった京四郎の告白が始まり「もう逃げない、兄さんもわかってくれる」
「好きだよ、白鳥空」
所々に挿入される学園祭の賑やかなカットと対照的な、暗い屋上での二人の抱擁シーン。

それにしても5分で描けるコンテに、Aパート丸々充てるタメと引きは少女アニメのテイストを感じさせる。大神ジンたち美青年や京四郎が「兄さん・・・」とブラコンぶりを見せるものだから、女性ファンも多いのだろう。作品の狙いとしては悪くない。

空に告白した途端に後ろめたさを覚えたか、京四郎「せつなとケジメをつけなくてはならない」
愛人の前で本妻との離婚話を取り繕う浮気者の如し。
京四郎「それまで待ってくれるか?」
空「約束の指きりしませんか?」
約束の指きりをする二人だが、一部始終をせつなは見ていた。

「空を選ぶの?私はいない方がいいの?」
「イヤ、私はイヤッ!絶対イヤーッ!」
Lowレベルのつぶやきから慟哭まで、変化の大きい松岡由貴の演技を堪能できます。

絶対天使たちが感じる何か?
空から行方不明だったカズヤ兄さん、ワルテイシアを伴い降臨。
気持ちが舞い上がって駆け寄る京四郎をカズヤは一撃で昏倒させ、空に「行こう、一緒に」
兄弟同士、寝取るつもりでしょうか。
空っぽの空をワルテイシアの力で埋めて「ニコイチ」
京四郎はせつなを大切にすれば落ち着きが良いとも思えるが、しかし結局は綾小路四兄弟の内輪揉めドラマに成り下がる危険も。

アバンの空の王子様宛ての妄想シーンが無くなったのが少々残念。

藤井まきの空のキャラデは作画崩れに敏感。今回は良くない。
あまり崩れない京四郎も、今回は横顔や引きの絵で出来が良くない。
必死の作監3人体制でも間に合わず。
第3話に続きトランス・アーツの制作協力。もう少し頑張って下さいな。

京四郎と永遠の空―前奏曲京四郎と永遠の空―前奏曲

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。