アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WOWOW放送時より楓のシャワーは湯気多め。空鍋の絵はカット。
こうやって再編集でまとめると、楓が壊れつつある様子は痛ましさ倍増だし、同居するプリムラも健気なのがかえって悲しい。

オリジナルの放送時に同じ感想を書いた記憶があるのだが、楓の気持ちの裏へ裏へ行動する稟。
亜沙先輩とのデートにうつつを抜かし楓の用意する夕食はいらない、休日の朝食は「なぜ早く起こさなかったんだ」と言わんばかりに食べないと浮かれ気味の稟。
正妻を置いて愛人と遊び歩く浮気亭主のような稟に、ここまで書いていて次第に腹が立ってきた。

黒楓が鍋をかき回すシーンはあったが、プリムラが空鍋だと気付くカットがなかったから効果半減。
あんまり空鍋で騒がれたから編集で自粛したのか、チキンハート。
そんなところへ、稟が亜沙を家に上げようなんてするから「帰って!」「死んじゃえばいいんだ!」って、擬似家族とは言え一度は壊れかけた稟との絆を必死に繋ぎとめてきた楓にしてみたら、妾に土足で上がられるような気持ちじゃなかろうか。

母親が死に父親は長期出張で不在、両親の死で孤独になった稟を迎え入れて擬似家族になった芙蓉家。
そしてプリムラを迎え入れた稟が、今度は自分が出てゆくと言い出す。
勝手と言うか、シナリオを炎上させ自分で消火するマッチポンプ稟。

コミックなんかだと亜沙先輩は好きなんだが、アニメでの稟&亜沙の楓への仕打ちは極悪。
美少女ゲーム主人公の男は概して鈍感だが、その鈍感さが一方のヒロインと結託した時の意図しない悪意を感じて気持ちが悪くなる。
まあ、楓中心で話を見ているからこんな感想になるのだが、客観的には電波女とか自作自演女かもしれないな、楓。

その楓が宿敵亜沙との会話、涙の抱擁でカタルシス得られたかのようなシナリオと演出はダメ。楓がまるで軍門に下ったかのような、砂を噛む思い。
稟や亜沙の紛争当事者相手でなく第三者、少々荷が重いかもしれないが、最強の魔力を持つプリムラの手で救済して欲しかった。

ラストもダメだな。楓が聞きたくないっていうのに「楓だから言わなきゃいけない」って稟の思い上がりには辟易させられる。
楓にここまで言わせるなよ「好きにならないで下さい」「でも私は稟君が好き」

時系列を再編集した程度で、オリジナル版と内容は何も変わっていない。
だから楓編の感想も基本的に変わるところはない。
新作最終回までのプロローグが長いこと・・・

SHUFFLE!Memories ヴォーカルCD
Navelストア
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。