アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
絶対天使である現実を突きつけられた空の戸惑い、「兄さん・・・」と呟きながら己の進む道に苦悩する京四郎、そしてその二人に対するせつなの視線が交錯する回。

悩んでいるかと思った空だが、アバンでの他人事のような「万歳!万歳です」には驚いた。
途中からそうではないことはわかるものの、設定通りと言うか、徹底的にちょっと可哀想なおバカさんな娘キャラで描かれているから、ネタなのかと勘繰りたくなる気持ちが湧き上がる。
しかし、こういう作品なのだから心を平静にして見よう。

呑気に京四郎へ学園祭の招待状を書いていると思った空だが、不自然なほど突然に自分は絶対天使、京四郎の剣であることを思い出す。
しかし自覚も足りないし、好き・大好きだけでは射撃の的の空き缶を落とす能力もない。
平常の思考も飛んでしまったか、空「私、何でもします」

京四郎に与えられる物は自らの肉体だけと思ったか、それとも空っぽの心と体を京四郎が埋めてくれるものと勘違いしたのか、制服・下着を一枚づつ脱ぎ京四郎に寄り添う。オーバーニーソのみ穿いたままで、高ポイント。
(画像はトラックバック先の方々のキャプチャーでご確認ください)
京四郎が「バカヤロウ」と引っ叩いた気配でフェードアウト&エンディング曲がフェードイン。

一方のせつな、京四郎との距離が縮まってゆく空に嫉妬の感情と表現するのが正しいか?複雑な感情が募ってきている。空が書いた招待状を粉砕仕掛けたり、空が京四郎に体を預ける場面ではなぜか屋根の上で空を見上げている。
Aパート冒頭の図書館のシーンで寓話に例えて語られた、一人に二本の剣。
いままさに京四郎がその状態ではあるが、厄災の予感でもある。

そして塔の上に立つワルテイシア。
すでに破壊されたはずだが、5番目の絶対天使?中途半端な空と合体するとか?
ミカは相変わらずかおんを 調教 調整中。
川澄綾子も呻き声だけの出番で、もったいない。
池で鯉に乗って戯れるたるろってが一番幸せそう。

お約束の入浴・シャワーシーンは2回もあるが、左回しで閉まる水栓を描くのはいかがなものでしょうか?
サンシャインのグロス回。サンシャインコーポレーションが改名したのか?
原画は他にアニメアールとスタジオクリエイト。
出来映えはやや微妙。東京キッズのグロス回には及ばない。

DVD 京四郎と永遠の空 第一巻<初回限定生産>2007/4/25発売予定
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。