アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2クールで尺に余裕があるから、もったいない使い方をしている。
前話から銀のマリアと鷹栖正樹のキーパーソンが登場したが、2回に分けるほど内容があったりシナリオが進んだ訳ではない。

銀のマリアによって洞窟に閉じ込められた絢子と護。
お互いに幼い頃に乗っていたバスがトンネル崩落に閉じ込められていた事実を確認。
この時は絢子の叔父の鷹栖正樹がビアトリスで土砂を排除した。

生徒会メンバーの協力で、銀のマリアが絢子たちのビアトリスを無効化するために撒いたホラクルを回収。幼い頃は叔父に助けられたが、今回は絢子と護のビアトリスで塞いだ土砂を粉砕。
そのホラクルを探すのに一番必死だったのはエメレンツィアで、護への言葉にならない気持ちが現れている。
しかし水中を探し回ったりするシーンに、エメレンツィアが護との回想シーンを追加したり、尺稼ぎ過ぎではないか。そのまま溺れてエメレンツィア追悼特集かと勘違いしてしまいそうだ。

ラストのシャワーシーンでエメレンツィアは自分の気持ちの正体に気付く。
また我孫子は銀のマリアの手先になったような設定。
事件解決後の鷹栖正樹はヨハンに電話し、護が興味深い男だと伝える。
何も知らない平和なカップルは岬でキスしていました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。