アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
う~ん・・・・今回の脚本・絵コンテを何と評してよいのか言葉が見つからない。
前話の次回予告は受け狙った編集で何だかわからなかったが、蓋を開けてみれば栞の物語のフォローが僅かばかりで、あゆ・名雪シナリオにいきなり突入した感が強い。
夕方の駅前、あゆとの会話での祐一の真琴・舞・栞のフラッシュバックから、キスでの引きには演出面でのヒネリの無さが漂うのだが、どうだろうか?
ドラマッチックと表すのも良いが、まだ「エチュード」の段階の心理的な背景描写が弱い中では違和感がある。

名雪の振る舞いについては詳しく書いてみる。
名雪を名雪たらしめているのは、日常描写のボケ具合と今回のオリジナルエピソードの駅伝大会での活躍のようなギャップの意外性、それと独特の気配り。
ここのポイントは、まあ、きっちり描いていた。

名雪が耐える子であることは間違っていないけれど、百花屋で祐一から「お前、好きなやついないのか?」話題を振られ「昔は、いたよ。小学生のころ。ふられちゃったけど」「向こうは忘れてるみたい、他に好きな女の子がいたんだから」
当然これは面前の祐一の事。いや、もし他の男の子の事だったら、それはそれで超展開。
名雪にそこまでも言わせなくてもいいじゃないかと思うような演出。

こうも平然と(表面上は)語る名雪に対して、我々は何をしてあげられると言うのでしょうか。
しかも帰り道、祐一があゆの名を口にすると歩みが一瞬止まる名雪。
「あんまりあゆちゃんのこと困らせちゃダメだよ!祐一はわかってないんだよ、あゆちゃんは・・・・」

これまでも舞と佐祐理、栞と香里、真琴と美汐とペアで語られる形式が多かったが、片方は祐一に対する想いって持っていなかったし、過去も絡まなかった。
今回はあゆと名雪で、どちらも祐一との過去の約束は関係するし、想いも持っている。
何も気付かずに記憶すら失くした祐一に対して、ささやかな想いも自らの言葉で封じ込めてしまう名雪。
それでもこの脚本だとエンディングに向けて逆転というか、名雪の想いが伝わる可能性をかえって感じる。名雪の想いを封印するものを取り払えばよいのだから。
「ふぁいと、だよ」って自分を励ましているだろう、名雪。

東映アニメーション版の空気化名雪も悲しいけれど、このままあゆのバックアップに回ったままの耐える名雪シナリオってのもツライ。
奇跡の中心のあゆメインは揺るがないだろうけれど、これまでも書いたが名雪はあゆの裏ヒロイン的なポジショニングでも構わないので、願いを成就させて欲しいところだ。
まあ、間違ってもあゆと名雪は確執でドロドロする事はないだろう。
シリーズ構成の志茂文彦はゲームでは真琴、アニメでは名雪ファンのようだから(電撃G'sマガジン2007年3月号記事)酷いことにならない事だけは期待できそう。

一応、あゆの話も動いているので書いておく。
回想シーンで天使の人形と3つの願いと共に来ましたね「ボクのこと、忘れないで下さい」
その他にも北川に小学生と思われたあゆ、高校は西の森の中、祐一があげたはずのあゆの赤いカチューシャ、夢のシーンで木に登るあゆ。
なぜ後ろを向いていてと言われたのかを問う幼い祐一に、少し照れてスカートの前で手をもぞもぞさせるあゆの仕草は今回一番のカットかも。

まあ色々書いているけれど今回は全26話中、残り7話ある中でのあゆ・名雪シナリオの冒頭に当たっての制作陣の壮大な釣りなのかもしれない。
だから前話での狙ったような次回予告だったと思うことにしておこう。

(サブタイトルのetudeのeはアクサン・テギュが付き、étudeが正しいですが文字化けの可能性を考えて省略しています)

DVD第2巻「Kanon 2」は 2007/2/21に発売延期
Kanon アイテム

追記:ラストの演出で違和感の一因は、目の前で大切な人を失った事があるかとあゆに訊かれた祐一のフラッシュバックに出てきた3名。
真琴は失ったに等しいと思うが、入院中の舞と栞の二人って失う=死亡フラグでは無いと思っていたから。
まるで栞が死んでしまったかのような祐一の悲しみ方の演出が理解しにくい。
まさか「実は死んでいました」って暗示?
でも北川もあゆも栞は入院しているって言ってたからなあ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。