アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏の定番の「学校の怪談」ネタの回ではあるが、幽霊となってしまった者同士の淡い恋を、まほろさんがお手伝いをする物語。
お約束の定番ネタの回では制作が手を抜くと言うか、リラックスしすぎる作品が多いけれども、本シリーズはバランス崩すことがない。
この回はギャグとシリアスを絶妙にバランス取りながら、オチも決めている。

構成は少々凝っていて、前回のカニロボットに関するヴェスパーの会議で、既に戦闘用ではないまほろの消耗度について触れたり、異星人セイントの技術について伏線を張る。
そこにまほろからの手紙が届き、今回の幽霊騒動事件を語る形式を取って物語が進む。
まほろの性格を表してか、手紙の文章はいかにも几帳面に綴られる。

夏休みのグループ研究に学校の「九不思議」を取り上げた優たち。
「七不思議」は良くある学校の怪談だが、残りは「赤毛の安藤さん」と「プール」
まほろさんは巫女姿でお供するが、生真面目さがおかしい。
学校ではとりおまてぃっく三人組が優たちを怖がらせるために、血まみれの髪の少女に扮装して待ち伏せ。怖がる優たちを、やたらと階段を駆け上らせるカットが多いのはやはり「学校の階段=学校の怪談」をモジっているのだろうか。

窓の開いた教室で、まほろさんは幽霊の「赤毛の安藤さん」と遭遇。
「水谷君を待っているの」「伝えたい事があるので帰れない」という安藤さん(の幽霊)
そのプールでは泳ぐ水谷君の幽霊。
まほろさんは「この場所を離れられない」と言う水谷君を連れ、教室の安藤さんの元へジャンプして引き合わせる。
二人の心残りが解消され願いが成就したか、天に帰っていった。

まほろさんと式条先生のいつものバトルは、今回は「せんたく板」「十勝平野」「人間トレース台」でまほろさんのホールド負け。
話はまほろの手紙の追伸で締められるが、式条先生の件がよほど悔しかったのか、ヴェスパー本部(恵比寿の地下にあることになっている)に「豊胸改造」を申請するものの帆風博士は一秒却下!
そう、爆乳のまほろさんなんて、まほろさんじゃない。

サブタイは別に話と関係ない。
「ハチのムサシは死んだのさ」の裏焼きか?
ゲストキャラの幽霊の安藤さん役は今井麻美。
次回予告は、ちづ(CV:真田アサミ)のナレーションだが、今までの予告が話の内容と関係ないから今回はちゃんと予告すると前フリしながらも「にょっ」と言わせるしたたかさ。

まほろまてぃっくストア
まほろまてぃっく ~もっと美しいもの~ TV-BOX
メイドコスプレはこちら

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。