アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はまなびが不在の状況を作って、みかんとめぇちゃんの関係が深まって行く様子を丁寧に描いている。金月龍之介の脚本も快調で、学園祭に向けての生徒会とそれを取り巻く様子の緩急がついてきた。コンセプトからは比較的低年齢、中高生をターゲットにした企画に感じられる。

演技面では平野綾も役がこなれてきたのか、単調さは払拭されてきている。
野中藍は、びんちょうタンや時乃系統の演技が安定していると思うが、この光香(みかん)役はさらに一歩抜きん出た感じで、先が楽しみ。
出番の多さからメインヒロインは実はみかんじゃないかと思えてくる。百合っぽい匂いも漂ってくる。
ももちゃん役の藤田咲の出番はまだこれから。そういえば「吉永さん家のガーゴイル」でも桃ちゃん役の好演だった。

まなび不在の原因は「おたふく風邪」
頬から耳下にかけての腫れ具合は、普段のまなびの顔と大して変わらないではないかと思った失礼なヤツは他にもいるだろう。

もももむっちーも立ち寄らない生徒会室で、みかんとめぇのぎこちない空気の表現はなかなか細かい。仲良くなるためのコミュニケーションツールが、自筆のしかも直接投函の手紙とは時代を感じさせないアイテム。
まなびが退院する前に二人で学園祭のテーマを煮詰めようとする過程が延々と描かれるが、セリフなしで劇伴とSEで繋いだ。
今回は過剰な演出もなくオーソドックスにまとめた。

屋上に寝転がって月を見上げるみかん、椅子に座って見上げるめぇ。
見上げる月は同じでも、見方によって変わるものだと表したいのか。
みかんがめぇを呼び寄せて、二人寝転び見上げる月は同じ視線の先にあった。

オープニング曲もエンディング曲も林原めぐみの歌だが、エンディングは奇数回のクレイアニメの時にだけ流れるようだ。
いずれも今は亡き岡崎律子の作詞・作曲。いま聴くとかえって新しさを感じる。
林原&岡崎コンビの曲を今の中高生はどのように受け止めるだろうか。

岡崎律子の作品はこちら

A Happy Life
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。