アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旧ねこねこソフトのスタッフが結集したコットンソフト処女作「ナツメグ」が2月2日に発売された。当初の発売予定を1週間延期しての発売となったが、良くありがちな「発売前の修正パッチ」はリリースされていないので、バグ潰しは順調だったようだ。

一応は戯画パートナーブランドの新メーカーと言う事でもあり、初回版製造ロットは控えめだったようだ。冬コミでも販売物の数量を控えめにしたりと、慎重な船出の様子がうかがえる。

ネット通販ではソフマップを始めアマゾンなど大手サイトで発売日以前に予約予定数に達し、受注を締め切っている。
また秋葉原の主要店舗でも予約分のみの販売が多く、本日夕方現在ではソフマップ4号店、14号店、メッセサンオー、古川電気、ヤマギワソフトでは店頭でその姿を見ることがなかった。

なお、中古品買取は各店舗5,300円から5,500円程度だった事を付け加えておく。

そこで通常版の発売が急遽決定したようで、2月23日の発売予定。
多分CDとストラップが付かない程度だと思うが、詳細は後日公式サイトなどで確認して欲しい。

さて公式サイトで案内されている通り、発売記念イベントが秋葉原で行われた。
16時半頃現地に到着したが、参加者が多く、フリー入場から整理券発行方式に変更されていた。
この時点では整理券配布を一時中断、再配布は17時20分頃から行われて18時20分の入場整理券を手に入れた。

会場が狭いこともあり、1回あたりの入場者を30人程度に絞り15分程度のイベント。
イベントと言っても簡単な発売の挨拶・お礼とポストカードの配布。希望者には購入パッケージやマニュアルにスタンプを押すサービスをした。

コスプレイヤーさんは2名で、ねこねこソフトのイベントでお見かけした気も。
片岡せいやんは17時前に会場に顔を少し出した程度のよう。
ポストカードは、6枚組みの最後の1枚が公式ではモザイクかけられているが、次回作品「レコンキスタ」の柄。あんころもち原画の新作も気になるところ。
ねこねこソフト時代の年に1本ペースから、2ライン制にして量産が効く体制作りが期待される。

このイベントは20時までの予定であったが、参加者集中のため18時過ぎには整理券配布が打ち切られている。スタッフが平謝りではあったが、出遅れた方は残念だった。
明日、明後日にも名古屋・大阪でのイベントが予定されているが、参加予定の方でもしこの記事が目に止まった方は、ぜひ早めに行かれる事をお奨めしておく。

秋葉原のイベントの模様はアキバBlogさんの写真付きの取材記事(コットンソフト「ナツメグ」の売切れと、ナツメグ発売記念イベント)をご参考にどうぞ。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。