アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「起きないから奇跡って言うんですよ」と栞の言葉に、覚悟を決めて運命に向き合う「悟り」らしきものを感じた前回だが、それと同時に今回のサブタイには栞の死亡フラグでも立ったかのような不吉さも感じていた。

姉妹のささやかな和解を見せながらも、気を利かせた姉は皆と去って行き、「最後まで笑っていられる」ことを望んだ栞は書き置きを残し去って行った。
祐一の主人公視点で眺めると、栞の(最後の?)誕生日を迎えてドラマを彩るヒロインたちが目の前から消え去っていったと言う意味でサブタイ通りの寂寥感に包まれる栞エンド。

祐一自身が語っていた「探しものなら・・・、魔物相手なら・・・でも栞は・・・」現実と向き合う時の無力感を醸し出しながらも、栞の心に残る想い出が最高のプレゼントだったろうか。
不器用な姉からの語りかけで和解の糸口が見えたとは言え、祐一が熱心に栞の想いを説いた成果のようで、香里側の心理変化の内面描写が弱く感じる。
舞・佐祐理シナリオは主旋律・副旋律とも強いメロディーラインだったが、美坂姉妹が奏でる旋律は、表面上は弱いタッチが似合っていて、これでも良い。
やや消化不良に感じられる引きではあったが、次回でフォローされるであろう。
香里には終盤も頑張ってもらわないと、名雪のシナリオが待っている。

演出面では死のイメージを持つ栞の誕生日に向けて、美坂姉妹の目元をシャドウで潰した表現が印象的だが過剰で「らしくない」様な気がする。
また、Bパート中盤までは学校での栞とパーティーの場面で、決してテンポが良いとはいえない、間の悪さも感じる演出だけれども、北川と祐一のダンスで一気にぶっ壊して後半のしっとりした展開に持っていったのは計算の上だろう。
この「間のギャップ」を考えると、確かに後半はサブタイの通りアダージョな展開だろう。
しかし、この男二人のダンス描写にヤケに力を入れるあたりが只者ではない。
DVD特典に新作カット付きで収録するつもりでしょうか(苦笑)

あゆのシナリオも動いていて、アバン冒頭から祐一を気遣う言葉。前回から積極的にフラグ立ててきます。なんか、あゆあゆらしからぬ気がするのはオレだけではないだろう。
そんなに気がつく娘キャラじゃないのに、名雪の本分を奪おうとしていると解釈する以外に、ただでさえ背負い込む名雪の負担を軽くする役目もある。だからこのシリーズではあゆが水瀬家に同居する意味がある。

名雪はと言えば相変わらず消えそうな印象が強くて、パーティーもあまりいられないなどと前フリするし(実際は最後までいた)
パーティーの途中、北川が祐一に「栞に(中略)手出しやがって」
これに名雪の「北川君、祐一のはそういうのじゃないんだよ」
どういうのだ?
祐一の行動を見切っているような余裕すら感じられます。
「真琴とは、まあ、アレだったけど、同居中のあゆあゆには手を出していないようだし、上級生二人とお弁当や牛丼は最近付き合ってないし」(筆者妄想)
まるで正妻の座は渡さんとの念を感じるひと言。
次回、あゆも絡んで少し動きそうです。

その他、少し拾ってみる。
百花屋でのパーティーでは再登場、栞の名無し同級生も活躍していました。CVは矢作紗友里。
名雪と秋子さんからのプレゼントはイチゴジャムだが、名雪よ、本当に中身を確認したろうな?
秋子さんが気を利かせて謎ジャムだったら、被害者が増える。
まさか謎ジャムの奇跡が栞を救うわけではなかろうな。

パーティーは原作になかったが香里の「私の妹なんだから」は有った。
それを北川が祐一に言う「こんな可愛い娘、彼女にしたいと思わないのか?」を引き取って香里が「本当に見る目がないわね、相沢君は。だって栞は、栞は私の妹なんだから」と構成したのはまとまりが良い。
公園で栞が語るリストカット未遂事件。笑い声が聞こえたような気がしてカッター持つ手を止め、正気に返った「これが奇跡なのかもしれませんね」
サラッと言うが、奇跡は1度起きているとしたら2度目は?と考えたくもなる。

栞は救われるのか?
妄想が不快な方のために以下反転します
生死の両方ありだろう。結果としては救われる。ただ、奇跡の安売りはないと思う。
順当ならあゆの力、期待するのは舞の能力で解決。
絡みがなかったからありえないだろうけど、大穴で真琴の力。
「起きる可能性があるから奇跡って言うんだよ」by祐一
書き置きを記したスケッチブックの次のページに、祐一の似顔絵を描く栞のエンドで。
そろそろ最終話の収録は終わる頃だろうか。

香里と栞の制服姿のカット3枚映ったが、原作にあったと思う。でも3枚もあったかな?
誕生日を迎えた0時過ぎ、「私、笑っていられましたか?」祐一へのキスのあと、プレゼントのスケッチブックに「ほんとうにありがとうございました さようなら」と書いてシンデレラは消えて行った。

次回予告の編集は狙いすぎだろう!
DVD第2巻が2/21に発売延期告知が出ているけれど、「制作上の都合」ってなんだろう?

Kanon アイテム
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。