アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アバンからAパートにかけては、遠慮がちで生真面目で初々しさを感じさせるまほろさんを堪能できる。TVニュースを見て海水浴に行きたいまほろさん。優の軽いツッコミにも素直な仕草。
自然に腰を横にフリフリするカットでは表情は見えないのだが、まほろさんがどんな表情で優と話しているか容易に想像できて微笑ましい。

この頃はまほろさんの貧乳ネタは定番で、大抵は式条先生が絡む。
前話の銭湯での脱衣場面で深雪の台詞にもあったが、まほろさんのスタイルも胸の形も良いのだが、胸の小ささにはコンプレックスがある。
デパートにまほろさんの水着を選びに立ち寄った一行。
鉢合わせた式条先生と試着室でひと悶着だが、そのまま一緒に海水浴に行くのはお約束の展開。

まほろさんにとっての海の記憶は「戦いの海」
そんな重い過去を忘れさせないかのように、異星人の戦闘用カニ型ロボットの登場。
どこかのネジが緩んでいるようで、女性の水着のみを切り取る色ボケ蟹。

対抗するために一時的に戦闘モードに復帰し優勢を保つまほろだが、相打ち覚悟の反撃に目が見えなくなるアクシデント。優の目を借り照準をつけて、カニロボットの心臓を一撃、いや二撃。
まほろさんは戦闘用アンドロイドだった正体を感づかれないよう、心配した皆が駆けつける前に優に折り重なり気絶したフリ。その前に片手でビキニのボトムを直す細かな演出。

サブタイはカニロボットへの一撃と、視聴者のハートを射抜いたまほろさんの両方に懸けたのだろう。
とりおまてぃっくはSDキャラを多く使っていて、Aパートでは顕著。
今回はまほろさんの表情も丸い印象。

作画監督は、すしお。
Bパートのモブキャラには少し古さを感じさせるが、原画にもすしお他、佐伯昭志、吉成兄弟の弟のほう吉成曜が参加している。
メカニックの作画やエフェクトに、ガイナックスの良い部分を見ることが出来る。

脚本 ・絵コンテ・演出は佐伯昭志。
先日の「ひだまりスケッチ」で絵コンテをやっていた。

単なる中継ぎ・お約束の水着回ともいえず、まほろさんの日常に過去の戦いの日々が徐々に影を落とし始める。
佐伯昭志xすしおで、シリーズ中では異色な感じのする第4話。

まほろまてぃっくストア
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。