アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャラの表情作りがエヴァとかハルヒとか舞乙のような印象を与えてくれた芽生の過去話、お当番回。学園祭に向けて走っているベースのシナリオに織り込んでいるから、前話からの連携にも無理がない。

何でもかんでも「まっすぐでゴー!」って言ってお気楽解決の構成はとらずに、キャラのネガティブな部分と過去の出来事をきちんと掘り下げてきた。
責任感と潔癖症ゆえか小学校時代にクラス委員を押し付けられ、頑張った挙げ句に協力も得られず挫折、それを心の傷としてもち続けている芽生の設定は、いかにもありそうで感情移入がしやすい。
ツンデレと言うよりは、過去の傷に臆病になっている芽生の性格形成の理由としてはわかりやすい。これで今までの芽生の仕切り具合や整頓上手なところが説明された形。

同時にこの時代には、選ばれて他人のために何かをするって事は損なんだと時代背景の説明をしている。近未来の話とは言え、制作している現代の空気を反映している。
その無気力な学園生活がどのように変わってゆくのか、各キャラのフィーチャー回を挿入しながら、学園祭成功までの紆余曲折と共に描いて行くのだろう。

芽生が学園祭のプロモCG制作の中心になるのだが、皆が芽生に頼り押し付けるかのような受け取り方をして、トラウマに動揺する芽生。
ラーメン屋での芽生表情の演出には、前回までののんびりさを断ち切るようで驚かされる。
ただ演技がハルヒを思わせるのは仕方ないか。しばらくは変わらないだろう。

Bパート後半にヤケにファンタジックな画面演出をするのは ufotable の作法なのだろうか。
前話ほどでもないが、芽生が空間転移か生霊かのような絵コンテは古臭く感じる。
若しくは演出の過剰。
引きこもった芽生がリモートでプロモ完成させたようだが、生徒総会での上映本番にフリーズ。
講堂のドアを力強く開けて芽生の復活登場の光景は、まなびの生徒会長立候補の時に見た構図だが、意図した演出か?
最後は「人たらし」まなび式の面目躍如といった感じで、芽生の生徒会(執行部)入会でまとめた。
尺のせいか、やや駆け足な展開。

動画と日常の細かな演出の出来は良い。
最初はコンセプトを見損なっていて、高校生という設定の小学生ロリぷにキャラのパンツアニメ(テレ東だから見えないが)と思っていたが、ストレートな構成が意外だった。次回、控えめな演出に期待。(パンツアニメってのは卑下誹謗の表現ではない)
A Happy Life

林原めぐみ A Happy Life


15才以下限定スク水
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。