アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閉所恐怖症の打楽器の女王、真澄ちゃん登場。
女王というかオカマちゃん?
山形の野原を駆け回るのはハイジのパロか?そして千秋を見つめる描写は冬ソナ?

オケ用に作曲する千秋、これは今後の展開の原点だろうか。
のだめの演技も馴染んできて、下品ギリギリ一歩手前を演じきる川澄綾子の安心感。

そんなのだめを嫉妬に駆られた真澄ちゃんのバケツ落ちと不幸の手紙が襲う。
バナナの皮に爆竹、黒板消し落としなど定番嫌がらせの数々。
のだめ自ら囮になり、例の中華屋の息子峰が犯人を捕らえる。

千秋を取り合う二人の勝負は、クリスマスイブにデートを約束した方の勝ち。
のだめは食事に誘うものの千秋は作曲に夢中。
しかし留学したライバルの活躍を聞いて落ち込む千秋。

真澄はコンサートのプラチナチケットを用意し峰に千秋への紹介を頼む。
そして練習を見に来た千秋。その前で舞い上がった真澄。
ただ千秋の胸にはオーケストラ指揮への想いがあらためて湧き上がったようだ。

のだめも真澄も千秋から拒否されて、峰の中華料理店で泣き崩れることに。
オケもクビになった真澄は一人ではティンパニーを続ける意味がない。
そんな時にのだめが「3人でアンサンブルやってみませんか?」

最近千秋の前にも姿を見せないのだめ。
千秋の作曲を一度聞いただけののだめが、皆でジャズアレンジで練習していたというオチ。
そこへ千秋が参加。
結局クリスマスイブの晩は練習。
だんだんとオーケストラメンバーが集まりだしたか。

名なし学生役で大浦冬華と沢城みゆき。

のだめカンタービレおすすめ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。