アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サブタイに日付が入っているのが正しいようだが、インド人とは?
演出は実写や黒板ネタで新房xシャフトっぽい。
オープニングの出来は非凡だが、シナリオはその1日をゆのの起床から描いてゆく作法で平凡。
4コマ的なフォーマットで30分作り続けるのだろう。
ただ、1エピソードで尺を埋めるほどのボリュームはないので、小ネタをつなぎつつ作るから最後のオチに燃焼感がない。

季節は梅雨時、ヒロの髪がメデューサのようにうねっているのは何かの暗号か。
吉野屋先生もモデル、いや単にコスプレではないか。でもそれが吉野屋先生。
沙英とのお手のやり取りから、校長の顔真似をしてでもおにぎりをもらおうとする宮子の執念にはクスリとさせられる。
作り置きの豆腐の味噌汁が傷んでいて「豆腐は足が速いから」ネタには爆笑。

宮子の部屋の雨漏り、ゆのの部屋の以前の住人の秘密「紫の蛇にだけは気をつけなさい」
結局タライが落ちてくるのか!
タライが落ちてくることはないって新房監督言ってなかったっけ?
ところでインド人は?

絵コンテ佐伯昭志、まだガイナックスにいるのかな?
今まで気が付かなかったけどカラクのグロスは今回だけ?銀盤カレイドスコープの悪夢再来が無いことを祈ろう。
スポンサーバックは今井神のイラスト。

ひだまりスケッチ 2 限定版
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。