アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロイセンの魔王ヨハンが去った後の、学園に戻ったいつもの日々。
今回はエクセレントというかエキセントリックな美意識の持ち主、汐音副会長のお話。

汐音が奇抜なヘアスタイルを突然やめ、ストレートヘアにしたある日の朝。
それをネタに生徒会は対策本部を設置し、言いたい放題。
チワワの死に悲しむあまり、宇宙からの電波を感じるアンテナ、ベアトリーチェ打倒の願掛け、何者かからの脅迫、そして絢子の「恋よ!」

仕舞いには絢子と兄である生徒会長が汐音を縛り上げてから、部屋をガサ入れ。
古いアルバムに写る兄の彼女たちはストレートロングヘア。
家同士で付き合いのあった幼い絢子と総理大臣の祖父もアルバムにある。
朝のテレビの占いのせいでストレートにしたと汐音は言うが、照れ隠しか?
ここで汐音のブラコンと、それに気づかずにストレートロングの絢子を気にしていた生徒会長の構図が一気に描かれる。

まあ、間違ってもドロドロの三角関係なんて起こらないだろうが、ヨハンのことも含めて護の知らない絢子の事が徐々に明かされる展開になるのだろうか。
それにしてもストレートヘアの汐音も可愛かったと思う。本人は普通じゃないって感じてる設定だが。
シリアスよりは、伏線も張りつつこんなおふざけ回とか、ベタベタイチャイチャシナリオが心地良い作品。
ヨハンのシリアス話とか護の成長物語は似合わない。

そして、また護の知らない絢子の過去を握る祖父が帰国。
次回予告のナレーションは若本さん(若本則夫)
祖父の役は若本さんか。子安のヨハンといい妙にツボをついたキャスティング。

護くんに女神の祝福を!関連アイテム
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。