アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「無言歌」とは何ぞや?と調べてみると、主にメンデルスゾーンのピアノソロの作品集が解説されているが、「歌曲」ではないと考えておけば良いだろうか。
絵的には会話の無い美坂姉妹のことを指し、深読みするならば美坂姉妹が交わることなく単独でストーリーを奏でる、現在の栞シナリオを意味しているのだろう。

姉の香里は「私は栞なんて子、知らないわ」と言い放つ。
それでも、ひとり自室に入ったあとにドアに寄りかかり座り込む演出に苦悩は滲ませているし、前回の引きの溢れるような苦悩の涙と、今回のアバンの祐一の回想で事情説明されているから、嫌な女にならずに済んでいる。
強気を装う裏で、現実を前にどう立ち向かうか為すすべがない弱い存在、自分の気持ちに不器用で生きるのが下手な姉を演じている。

授業で居眠りする名雪の日常の光景。一方で中庭に栞が来ない非日常の日、香里も欠席。
美坂家で何かあった事は容易に想像できるが、その理由はまだ明かさない。
物見の丘で「落とし物なら一緒に探してやる事も出来る。魔物相手なら一緒に戦う事が出来る。でも栞は・・・」「なあ真琴、お前なら・・・」そう来たか、祐一。

日も落ちた公園になぜか栞。
「もう少し時間があれば、もっともっと祐一さんのこと好きになってたかもしれません」
好き?恋愛感情にしては唐突なアニメ版の演出だと思ったが「私のお兄ちゃんみたいに」
そうか、脚本をそう振ってきたのか。
自ら寿命のことを知っている栞の「最後まで笑っていようとする強さ」で無理に押し込めていた恋愛感情を表わすのに「お兄ちゃん」は良い表現だろう。もし想いが叶わなくても、これなら誰も傷つかない。

短いと思っている自分の人生を、一生懸命に、でも時には自分の気持ちを誤魔化しながら生きている栞を、このシーンで語り終えたかのような気がする。香里との対比でなお際立つ。
そして「(奇跡は)起きないから奇跡って言うんですよ」
栞が栞である理由が凝縮された名句。

残りの日々を登校してきた制服の栞。
昼休みの教室で名雪の真似をする北川と「ちょっと急用が出来たから」と名雪を押しやって出てゆく祐一を「外道!」と罵倒したいところを我慢、我慢・・・
この先は栞デートスペシャル。
辛いものの名前に反応する栞の表情変化が可愛らしく描けている。

栞の物語の佳境に近づいても、他のヒロインたちの出番が減るという事も無く、あゆと名雪の話が動いている、特に今回は、あゆが祐一と絡むシーンが増えている。
香里と会って帰宅した祐一を気遣うあゆ。
祐一を風呂に呼びに来たあゆ。
遂に祐一がその話題に触れた「お前、風呂に入ったあともカチューシャしてるんだな」
「大切な人にもらったものだから・・・」
あゆの赤いカチューシャ、大切な人って誰だ?

秋子さんの風邪事件で、名雪はメインシナリオの裏に引っ込んだ状態が続いている。
時折何かを思う、淋しげで暗い表情を垣間見せるのが伏線だろう。
この先の構成が読めなくなってきました。以下ネタバレ気味なので反転します。

元は奇跡の話だから、あゆで締め括るのが本命だろうが、舞が助かった状況からして(奇跡の演出を)排除するのかもしれない。まして「奇跡は起きないから奇跡って言うんですよ」の栞の救済に、その力は使わないのではないか、自分と自分に関わった皆のために使えばと思う。
あゆの物語の動きが早い気もするので、ヒロイン中いちばんの普通人である名雪と秋子さんの家族愛をメインにオールキャストで大団円で締めるのが自然かなあ。

第19話「ふれあいの練習曲~étude~」
第20話「別れの夜想曲~nocturn~」
第21話「君のいない輪舞曲~ronde~」
サブタイ見ても、なかなか想像できませんけれど。


夜景描写の多い今回も、星の煌き、街灯を映す川の流れなど光と影のコントラストの演出は秀逸。
降る雪もその降り方に強弱がつけられているが、キャラ前方も後方も降る雪全てがアウトフォーカスなのは不自然な感じがする。幻想的な演出と言い換える事も出来るけれど。

次回第18回「消え去りゆく緩徐楽章~adagio~」
2月1日深夜放送。
ゲーム原作の設定で、栞の誕生日だ!
果たして栞の運命は?
放送日と誕生日にシナリオを揃えて来るとは、ホントにつくづくこだわっていると思うよ、彼らは。

DVD第2巻のパッケージは香里が表紙。当然裏側には栞が描かれているに違いない。
栞編終了(多分)の直後、2/7に発売とは狙い済ましたタイミング。
第1巻は名雪とあゆが表裏だったから、第3巻は舞と佐祐理、その次に真琴と美汐とか組み合わせるのかな。あれ?秋子さんはどうしよう・・・
(2007/2/5追記)第3巻の表は真琴でした。

追記:ヒロインプロフィール(原作設定)
あゆ:1月7日生・AB型・154cm41kg・B80W52H79cm(大きすぎないか?)
名雪:12月23日生・B型・164cm47kg・B83W57H82cm
真琴:1月6日生・血液型不明・159cm46kg・B81W55H79cm
舞:1月29日生・O型・167cm49kg・B89W58H86cm
栞:2月1日生・AB型・157cm43kg・B79W53H80cm
サブヒロインは設定なしだが、秋子さんはきっと秋生まれだろう。

Kanon アイテム
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。