アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3話にして目指す方向は凡そ理解できるようになって来たものの、オープニングアニメーションには慣れないでいる。
アウトフォーカスの細かな反復と、カラースプレーを用いたクレジットでファッショナブルな作りだが、本編の内容にそぐわない感じがする。
全体では、かみちゅ!の設定でロリぷにキャラが動くようにも見えるが、気のせいだろう。

リニューアルなった聖桜学園生徒会主催で、近隣の学校との対抗ドッヂボール大会。
その後の懇親会での空回り気味なまなびと、落ち着いた雰囲気を醸し出す愛光学園生徒会長の角沢多佳子のギャップ。
近づく学園祭の議題にも発言せずに、軒先貸して母屋を取られた様子で消化不良気味のまなびを描くがAパートの引きが中途半端な印象。
また、画は良く動いているんだけれど、ドッヂボールのギャグとか、その後の懇親会やラーメン屋など緩急と間が悪く、絵コンテがテンポに乗っていない。

Bパートでは、まなびたちが愛光学園生徒会へ表敬訪問。
みかん(光香)がたかちゃん(多佳子)にいきなりデレてるのは、恋ですか?
ロリだけではなく百合も提供していただけるのでしょうか。
たかちゃんが言い澱んでいたのは、完璧に見える自分の生徒会と比べて、手探りで作り上げる自由な聖桜の可能性が羨ましかったのか。
まなび自ら気付く事を願って語らなかったと解釈しておく。

今回は校歌斉唱も演説もなかったが、深夜の学校で白いキャンバスを飛び回るまなび、花火の演出は尺も含めてオーバーだと思うが、クレイアニメと同じで Ufotable の個性なのだろう。
まなびを天使に見立てた演出だが、リュックサック背負っていなくて良かったよ。
まとめ方としては悪くない出来だった。
次回以降はサブヒロインたちの話を入れつつ、学園祭に向けて動くのだろうか。

Wikipediaの記事で知ったのだが、この作品の監督はチームで持ち回りらしい。さしずめ「制作委員会」か。今回は社長はプロデューサーの立場らしく脚本や歌詞は書かないのだろうか。
この作品で金月龍之介を再び迎え入れたのは、何らかの和解があったのだろう。大月Pの仲介でもあったのか(想像)
この作品で私の ufotable 嫌いが直ると良いのだが、次に「空の軌跡」も控えている事だし。
でも社長が脚本書くそうだけど・・・
小笠原篤のキャラデは作品の狙いからハズレなしで、良い仕上がりだと思う。

がくえんゆーとぴあ まなびストレート! STRAIGHT1 期間限定版


小中学生限定コレクション
1200の「おにいちゃん」が聞ける、おにいちゃんCD
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。