アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クラシック音楽をテーマにしているから当然とも言えるが、音楽の使い方が効いている。
J.C.STAFFの作画は決して悪くないのだけれど、極端なこと言うと画は要らないかもしれない。
原作のマンガからTVドラマ、そして今回のアニメと展開してきた作品だが、ドラマCDでの表現が一番似合う気もする。

中華料理屋の息子、峰(CV:チョー)のヴァイオリン試験のピアノ伴奏を、ひょんなことからのだめが引き受けることに。
千秋の元カノ彩子が話に絡んできて、のだめは失恋?千秋に恋してたのか、のだめ。
いや、給餌係の任務が大きいか。

試験当日はのだめ発熱でダウン。
千秋が代打で伴奏。峰も嫌っていた千秋の生き方に感じ、また千秋も自分の進む道を確認した成長物語の1ページでした。

シナリオで勝負してくる作品には言葉を持ってレビューできるが、音楽が相手では語る言葉が少ない。
力量不足のレビューで失礼しました。

バレンタイン2007セレクション
のだめカンタービレおすすめ

icon
icon
のだめカンタービレ 1~15巻セット <シール付き>
のだめカンタービレ 1~15巻セット <シール付き>
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。