アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妄想の王子様に手紙を書いて、前話のまとめをするのは親切かも。
入浴とキスと、たまに戦闘。その脈絡無い流れを、空のナレーションで繋いで1話構成してしまうのは「もう、びっくりです」
シナリオも確信的なネタ臭漂っていて、バイオリン弾く京四郎、空の「2DKがキラキラの宮殿に早変り」なんて言わせるのは狙ってるだろう。

絶対天使を操る3派が空を奪い合う、これだけ覚えておけば、その他はこだわらない方がいいだろう。
ようやくこの作品の正しい視聴態度が理解できて来たような気がする。
初見での判断が難しいのは以前のトライネット作品みたいで、慣れるとニヤニヤ楽しめるかも。
そういえば最近の介錯作品では「鍵姫物語 永久アリス輪舞曲」がトライネット制作だったが、この二つの個性は食い合わせが悪くて見ていない。

空役の矢作紗友里、アイムの若手だけれど上手いのかもしれないなあ。
他の演技は赤ずきんのグレーテル、Kanonでの栞の名無し同級生、かりん位しか知らないが、空のいかにも中身が無さそうな何も考えていなそうな、白馬の王子様に憧れる「ちょっとおバカちゃん」キャラの表現は十分できているかもしれない。

得体の知れない調教マシンに千歌音ちゃんじゃなくって、かおんを絶叫させるのはSマニアへのサービスでしょうか。川澄綾子の演技で良かったと思う。
一番の活躍は松岡由貴だろうか。せつなの少々寂しげな「京四郎・・・」で魅力倍増。
私が戦う人外メイドキャラ贔屓って事は割引いても、一番可愛らしいキャラだと思う。

早々にグロスに出した回だが、やっぱり良くない。空で目立つがキャラの表情が雑というか平板な感じ。日本アニメーションの仕事を多く手がけていた老舗トランス・アーツのグロス回だが、もう少し頑張って欲しかった。

バレンタイン2007セレクション
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。